大江戸スタートアップ

ヘルスケア領域で50超の特許を取得 FiNCの知財戦略とは

 株式会社FiNC Technologies(以下、FiNC)は、2017年にアプリ『FiNC』のサービスを開始し、現在までに400万ダウンロードを達成。2018年より本格的にスタートした有料課金サービスの利用者も大きく増加し、App Store「ヘルスケア&フィットネス」部門のセールスランキングで年間を通して1位を獲得した※。今年には、Google Play Best of Award 2018において「自己改善部門」の大賞を取るなど、収益化が難しい領域と言われるヘルスケア分野で、順調に歩を進めている。一部上場企業からの調達を中心に出資額は100億円を超え、業界からの期待も高い。

 この成長の要となっているのが、同社のもつ多数の特許技術だ。同社はヘルスケア×テクノロジー領域で100件を超える特許を出願し、年度の見込みを含め50件を超える特許を取得している。同社の特許取得の経緯とスタートアップにおける知財の有用性について、代表取締役CEOの溝口 勇児氏が語ってくれた。

ft
株式会社FiNC Technologies 代表取締役CEO 溝口 勇児氏

関連記事

Source: 週刊アスキー

Most Popular

To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。