ハード

複数の端末を無線LANに繋ぐなら高速1733+800Mbpsの「Archer A10」で決まり

Archer A10

 家ではスマホくらいしかWi-Fiを使わないというのであれば、433+150Mbpsなどの廉価なWi-Fiルーターでもとくに困ることはないが、パソコンで使うには物足りない。それなら867+300Mbpsにしようと考えるのは当然だろう。

 もちろん、パソコンが1台だけの1人暮らしならコレで十分だ。しかし家族がいる場合、パソコン以外にもスマホやタブレット、テレビ、ゲーム機、スマート家電などとWi-Fiを使うデバイスは多くなり、すぐに速度低下で悩むことになるだろう。とくにパソコンをよく使い、ファイルをNASに保存しているという人であれば要注意。Wi-Fiの速度低下はNASへのアクセス速度低下へと直結するだけに、せっかくパソコンが高スペックでも、通信で待たされてしまっては宝の持ち腐れだ。

1733+800Mbpsの「Archer A10」に搭載された速度の不満を未然に防ぐ機能

「Archer A10」は実売1万円前後という価格を抑えたモデルながら、5GHz帯で1733Mbps、2.4GHz帯で800Mbpsという高速性を備えているのが特徴だ。これは外部3本、内部1本の合計4本のアンテナでを使うことで実現されたもので、複数のデバイスを接続する場合はもちろん、NASへのファイル転送といった高速性が要求される用途でも期待に応えてくれるものだ。

Archer A10
↑外部のアンテナは3本だが、実は内部にもう1本のアンテナを内蔵。これにより、最大1733Mbpsの速度を実現している。

「Archer A10」には、この高速性を維持するための3つの機能が搭載されている。それぞれ簡単に解説していこう。

 まず最初にチェックしておきたい高速化機能が「MU-MIMO」への対応だ。

 古いWi-Fiルーターでは通信できるのはひとつのデバイスだけという制限があり、通信先を次々と切り替えることで同時接続を実現していた。このため、Wi-Fiを使うデバイスが増えるほどに速度が低下していき、通信そのものも不安定になりがちだった。

 これに対して「MU-MIMO」は、複数のデバイスとの同時データ通信が可能になる。順番を待つ必要がないため速度が低下しづらく、接続したすべてのデバイスが快適に使えるようになるわけだ。「Archer A10」なら最大4台のデバイスと同時通信が可能なため、一般家庭であればかなり快適になる。

 ただし、MU-MIMOはWi-Fiルーターだけでなく、デバイス側での対応も必要だ。ここ数年内に発売された機器であれば対応していることが多いので、気になる人はチェックしてみるといいだろう。なお、対応していないからといっても通信できなくなることはないので、安心して欲しい。

Archer A10
↑従来では1台ずつ通信を行なっていたものが、MU-MIMOなら最大4台のデバイスと同時通信が可能に。待ち時間が減るため、通信が快適になる。

 2つ目の高速化機能は、「バンドステアリング」。「Archer A10」は5GHz帯と2.4GHz帯の2つのバンドが利用できるが、往々にして利用するバンドは偏りがち。パソコンやスマホは5GHz、テレビや家電は2.4GHzといったようにすみわけしていても、時間帯によっては5GHz帯ばかりが使われ、2.4GHz帯は誰も使っていないということも珍しくない。

 このようなバンドの偏りをなくしてくれるのが「バンドステアリング」だ。5GHz帯の利用が集中しているなら2.4GHz帯へ、この逆に2.4GHz帯が混んでいるなら5GHz帯へとデバイスを割り振ることで、快適な通信速度を維持してくれるわけだ。

Archer A10
↑5GHzと2.4GHzの偏りをなくし、快適な速度で使えるようにするのが「バンドステアリング」。空いているバンドを有効活用できる。

 3つ目となるのが「エアタイムフェアネス」。高速なデバイスと低速なデバイスが混在している環境では、高速なデバイスはすぐに通信が終わるのに、低速なデバイスではなかなか通信が終わらず、高速なデバイスが待たされるといった状況になりがちだ。

「エアタイムフェアネス」は、接続しているデバイスの速度によらず対応する時間を均等分割する機能。これに対応している「Archer A10」なら、低速なデバイスの通信で長時間待たされることなく高速なデバイスが通信できるようになるため、応答性がかなり改善されるわけだ。

 数台のデバイスしか接続しない場合はそれほど効果はないが、不特定多数の人が使う環境、例えば会社の会議室などではその差が大きく出るだろう。家庭内であっても、古いゲーム機やHDDレコーダー、テレビといったWi-Fi対応機器を多数接続するのであれば、効果が高くなる。

Archer A10
↑通信単位で分割すると、低速なデバイスが占有する時間が長くなってしまうが、「エアタイムフェアネス」対応なら均等に時間が割り当てられるため、高速なデバイスが待たされずに済む。

初心者に優しいスマホでの簡単セットアップ

「Archer A10」が多くの人に勧められる理由のひとつが、設定のしやすさにある。とくに初心者にうれしいのが、スマホからアプリ「Tether」を使うと簡単にセットアップが終わることだ。パッケージに「かんたん設定15秒」とあるのは伊達ではなく、驚くほど短時間でインターネットへ接続できるようになる。

 具体的な手順を書き出してみると、①LANケーブルで既存のルーター、もしくはモデムなどにArcher A10を接続。②電源を入れて、スマホからWi-Fiで接続する。③アプリを起動し、ルーターのパスワードを設定。④インターネットへの接続方法を選び、Wi-FiのSSIDとパスワードを入力すれば完了。これだけで設定が終わる。

 ちなみに最初のWi-Fi接続は、ルーターの底面に書かれているデフォルト設定を見ながら設定してもいいが、WPSを使えばもっと簡単に接続できる。例えばAndroidであればWi-Fi設定を開き、「詳細設定」から「WPSプッシュボタン」を選択。すると接続待ちとなるので、Archer A10の側面にあるWPSボタンを押そう。これだけで、Wi-Fi接続ができるようになる。パスワード入力がいらないぶん接続に失敗せず、手間もかからないのがメリットだ。

Archer A10
Archer A10
↑Androidの場合、Wi-Fi設定にある「詳細設定」で「WPSプッシュボタン」をタッチする。スマホによって微妙に設定名やメニューの場所が変わる可能性もあるので、注意しよう。
Archer A10
↑接続待ちの状態になったら、Archer A10の側面にある「WPS」と書かれたボタンを1回押す。
Archer A10
←これだけでWi-Fi接続が完了。SSIDの選択もパスワードの入力も必要ないので、簡単かつ確実に接続できるのがうれしい。

 アプリの設定画面はとてもシンプルで、ひとつの画面でひとつの項目を設定するステップバイステップ。迷う方が難しいほど簡単だ。

Archer A10
Archer A10
↑アプリを起動するとWi-Fi接続が終わっているため、自動的にArcher A10を見つけてくれる。設定の最初はルーターのパスワード設定から。
Archer A10
Archer A10
↑続いてインターネットへの接続タイプを選び(今回は動的IPを選択)、Wi-Fi設定となるSSIDとパスワードを入力。
Archer A10
Archer A10
↑設定の確認画面となるので「適用」ボタンを押せば完了だ。ルーター設定のホーム画面が表示される。

 なお、ルーターではなくWi-Fiのアクセスポイントとして使いたい場合は、接続タイプ「動的IP」でを選んでセットアップを完了した後、ツールにある「動作モード」を開いて変更するといいだろう。

Archer A10
Archer A10
↑「ツール」をタップすると、ルーターの設定を変更可能。アクセスポイントとして使う場合は、「動作モード」で切り替えてやろう。

気になる実効速度をチェック! 867Mbpsの接続で600Mbps以上、1300Mbps接続なら最大840Mbpsに

 Archer A10は、2.4GHz帯では800Mbps、5GHzでは最大1733Mbpsまで速度が出るWi-Fiルーターだ。実際どのくらいまで速度が出るのかを少し実験してみよう。

 今回試したのは、USB接続のWi-Fi子機となる「Archer T4U」と「Archer T9UH」だ。Archer T4Uは最大867Mbpsのもので、多くのノートPCに内蔵されているWi-Fiと同クラスの速度となる。Archer T9UHはさらにその上をいく1300Mbpsに対応した高速な製品。この2つの子機で、実効速度を測ってみた。

Archer A10
↑折り畳み式のアンテナを備えたUSB子機となる「Archer T4U」。5GHz帯で867Mbps、2.4GHz帯で400Mbpsの接続が可能だ。
Archer A10
↑Archer A10へと5GHz帯で接続してみたところ。しっかりとリンク速度が866.7Mbpsと出た。
Archer A10
↑Archer T4Uと似ているが、ややサイズが大きい「Archer T9UH」。5GHz帯で1300Mbps、2.4GHz帯で600Mbpsの接続が可能だ。
Archer A10
↑リンク速度は1.3Gbpsという表示に。ノートPC内蔵でも867Mbpsがほとんどなので、1.3Gbps接続というのはかなり速い。

 まずはWindowsのフォルダー共有機能を使い、1台目のPCをネットワークドライブ化。このPCを有線LANでArcher A10へと接続したのち、Wi-Fi接続した2台目のPCから「CrystalDiskMark」を使い、どのくらいの速度で読み書きできるのかで実験した。なお、速度は「MB/s」となるが、グラフでは「Mbps」へと換算している。また、グラフ中のリードがダウンロード速度、ライトがアップロード速度となる。

Archer A10
↑867Mbpsでは実効速度で600Mbpsとかなりの速さ。1300Mbpsでもライトは840Mbpsを超え、さらに高速だ。

 Wi-Fiの実効速度は条件にもよるが、一般的に半分から8割程度。フォルダー共有機能では暗号化などもあるためさらに速度は低くなりがちだ。にもかかわらず、867MbpsのArcher T4Uでは7割近くとかなりの高水準を維持していた。

 しかし、1300MbpsのArcher T9UHでは、リード速度が867Mbpsの時と比べあまり変わっていない。USB子機ではアンテナがどうしても小さくなるためか、ダウンロードはやや厳しそうな印象だ。そのかわりではないが、アップロードでは843.2Mbpsと大きく速度が向上しており、有線LANに迫るほどの速度となっていた。Archer A10の高速Wi-Fi性能は、しっかりと実効速度で体感できるだけのものがあるといえる。

ネットワークに詳しい人でも満足できるブラウザーからの「詳細設定」「動的DNS」や「VPN」機能にも対応!

 設定が簡単なのはいいが、ネットワーク設定に凝りたい人にとっては細かい部分までカスタマイズできないのは不満に感じるだろう。だが安心して欲しい。ブラウザーを使ってルーター設定を開けば、「詳細設定」が可能だ。

Archer A10
↑スマホアプリで設定できるのは「基本設定」までだが、ブラウザーからなら「詳細設定」が利用可能。例えば「ワイヤレス設定」なら、チャンネル幅の変更などもできるようになる。
Archer A10
↑「エアタイムフェアネス」の機能はデフォルトではオフになっているようだ。多数のWi-Fiデバイスを接続することがあるなら、「システムツール」の「ワイヤレスパラメーター」から有効化しておこう。この設定ができるのも、ブラウザーからのみとなる。

 高価な高性能ルーターで搭載されている機能にVPNサーバー機能がある。これはインターネット回線を使って仮想的なLANを作り、離れた位置からでも家や会社のネットワークへと接続できるようにしてくれる機能だ。外出先からVPNで家のLANに接続し、NASからファイルをコピーする、プリンターを使うといったことができるようになる。「Archer A10」は手ごろな価格ながらも、このVPNサーバー機能を装備しているのが魅力だ。

Archer A10
↑VPN機能は「OpenVPN」と「PPTP VPN」に対応。とくにPPTPは手軽にVPNを構築するのに向いている。

速度が速いだけじゃない! 簡単設定ですぐに使いたい人から、こだわった使い方をしたい人までカバー

 機能や性能面を主に見てきたが、実はハードウェア面でも特徴がある。WANを含め合計5つのギガビットLANを搭載しているというのもそうだが、物理スイッチが多いというのも、最近のWi-Fiルーターとして珍しい。

Archer A10
↑背面にはWANとLAN×4ポートを装備。そして同じ並びに、珍しく電源スイッチがある。

 側面にある物理ボタンが、「WPS」と「Wi-Fi On/Off」ボタン。WPSボタンはデバイスのWi-Fi接続で非常に便利なボタンだけに、分かりやすい位置にあるのがありがたい。Wi-Fi On/Offスイッチは、その名の通り電波の出力を止めたり、再度出力したりといったことが可能なボタンだ。

 電波の影響を抑えるため一時的に有線LANだけを使いたい、外出時は明確にWi-Fiをオフにしておきたい、といった場合に活躍してくれるだろう。

Archer A10
↑WPSは多くのルーターでも搭載されているが、物理的にWi-Fi On/Offを切り替えるボタンを装備しているのはあまりない。

 もうひとつ、意外と便利なのが本体中央にあるLED表示用のボタン。長押しでLED表示のオンオフを切り替えられるというだけのボタンだ。LEDはそれほど明るくないのだが、夜中など、部屋が暗くなると意外と明るく、気になることも多い。こういった時は、このボタンを使ってLEDをオフにしてやろう。

Archer A10
↑LEDの消灯だけのためにボタンを装備。コストが高くなるのに便利さを優先しているのがうれしい。

 もちろん、Wi-FiやLEDのOn/Offはルーター設定で変更すればいいだけの話なのだが、気になった時にその場でスグに変更できるという意味では、物理ボタンの方が楽だしわかりやすい。また、ルーター設定に慣れていない人、ルーターのパスワードを知らない人でも操作できるというのもメリットだ。

 コストダウンのためか利用頻度の少ないスイッチは省略される傾向にあるが、たまにしか使わない機能・設定だからこそ、物理スイッチがあるというのがうれしい。

 Wi-Fiの対応速度だけを見れば似た製品は数多くあるが、スマホのアプリでできる簡単設定と、凝りたい人にうれしい詳細設定のどちらにも対応、さらに実力も高く機能も豊富、それでいて価格はお手頃というのが何よりの魅力といえる。低速なWi-Fiルーターからの買い替え、もしくは新規導入を考えているなら、しっかりとした性能で応えてくれる「Archer A10」を選べば間違いないだろう。オプションには縦置きスタンドが用意されているので、設置面積をコンパクトにしたい人は併せて購入するといいだろう。

MU-MIMOギガビット無線LANルーター「Archer A10」
Amazon価格
1万円前後

TP-Link 無線LANルーター専用 縦式スタンド
Amazon価格
800円前後

■関連サイト
製品詳細

関連記事

Source: 週刊アスキー

Most Popular

To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。