Xperia

Xperia XZ3は国内モデルならではの多機能性で勝負

人気のハイエンド~ミドルハイスマホを
スマホ総研の3人でクロスレビュー

 アスキースマホ総研の3人がこの冬の最新スマートフォンをクロスレビュー! 第3回は日本で人気のブランド・Xperiaシリーズから最新の「Xperia XZ3」をセレクト!

XZ3
「Xperia XZ3」(ソニーモバイル)

 Xperia史上初となる有機ELディスプレーを搭載したことが話題になった。ディスプレーは6型(1440×2880ドット)、SoCはSnapdragon 845(2.8GHz+1.8GHz、オクタコア)、メモリーが4GB、内蔵ストレージが64GBというスペック。OSは各キャリアの冬モデルの中ではPixel3以外でAndroid 9(Pie)を採用している数少ないモデルだ。

 Xperia XZ3の有機ELディスプレーには、ソニーのテレビ「ブラビア」の技術が投入され、色彩のコントラストや漆黒など、映像美を追求。HDRのほかに、SDR(標準規格)の映像もHDR相当に自動でアップコンバートする。

 デザイン面ではディスプレーの両サイドが湾曲しており、両サイドをダブルタップすると、ユーザーの使い方に合わせて次に使うアプリをAIが予測し、最適なアプリやクイック設定項目などを配置してくれるUI「サイドセンス」を採用している。

 Xperia XZ3はドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアでリリースされているのも特徴だ

最新のXperiaが最良のXperia
ソニーモバイル「Xperia XZ3」

XZ3
XZ3

端末は優秀だがリリースサイクルが早い
スマホ総研リーダー ドロイドさん

評価:★★★★☆

 (大型スマホに慣れた身には)比較的スリム(約73mm)な6型有機ELディスプレーにラウンドフォルムの筐体が実に持ちやすい。必要な機能はなんでも入っているし、OSもいち早く最新のAndroid 9。世界的には苦戦のXperiaも、そういうのと関係ない視点で、日本で使うことを前提にすれば大変に優秀な端末。「今度のXperiaはどうなの?」と聞かれた場合に、今回のXZ3については素直に勧められるモデルと思う。唯一の難点は2月のMWCには、次のモデルがお目見えしてしまう(?)かもしれないこと。リリースサイクルはそろそろなんとかしてくれないと、買うタイミングに困ります!

Xperiaブランドの安心感
主席研究員 スピーディー末岡

評価:★★★★★

 正直なところ、Xperia XZ2はちょっと残念な端末だった。大幅にリニューアルしたデザインは不評だったし、Xperia XZ2 Premiumはスペックは文句なしだが重すぎたのと発売が遅すぎた。さらにデザインがリファインされ、Xperia XZ2をブラッシュアップしたXperia XZ3がほとんど間を置かずに発売されてしまったからだ。

 Xperia XZ3は前モデルでの不満を解消したかのように、ネガをつぶしていった優秀なスマホになった。これもGalaxyっぽくなってしまったが。カメラはシングルレンズだが内部処理によりかなりキレイに撮れて、インカメラの画素数もアップし、大きな不満はない。今、Xperiaを買うならXperia XZ3しかないだろう。3キャリアから発売されているので、ユーザーの選択肢も多い。

 Xperia XZ2 Premiumもデュアルレンズ搭載だったり、4K HDR液晶だったりと頑張っているが、デカイ&重いので、万人にはオススメしにくい。しかも、2019年2月のMWCには新型が出るとのネット情報もあるので二の足を踏んでしまいそうだ(例年どおりだと国内発売は2019年の夏モデルになりそうだが)。

ライバルとの競争に参加できる仕様に
研究員 ミナミダ

評価:★★★☆☆

 有機ELディスプレーの採用で、ようやくライバル端末との競争に参加できる資格を得た感がある。個人的には「Xperia XZ2」シリーズに存在意義が見いだせなかったが、Xperia XZ3はやや重さを感じるものの、Xperia XZ2に感じた不満はメモリー容量以外は解消された。カメラ画質や音質、ディスプレーはさすがに高品位で、動画や音楽視聴の機会が多いユーザーなら選択肢に入るだろう。ただし、ダイナミックバイブレーションシステムは不要な機能だと思う。

XZ3
XZ3
XZ3
XZ3
  Xperia XZ3
メーカー ソニーモバイル
ディスプレー 6型有機EL
画面解像度 1440×2880ドット
サイズ 約73×158×9.9mm
重量 約193g
CPU Snapdragon 845
2.8GHz+1.8GHz(オクタコア)
内蔵メモリー 4GB
内蔵ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC(最大512GB)
OS Android 9
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:1920万画素(F値2.0)
/イン:1320万画素(F値1.9)
バッテリー容量 3200mAh
FeliCa/NFC ○/○
ワンセグ/フルセグ ○/○
防水/防塵 ○/○
生体認証 ○(指紋)
USB端子 Type-C
連続待受時間 約520時間
連続通話時間 約2240分
カラバリ ブラック、ホワイトシルバー、ボルドーレッド、フォレストグリーン

私たちがレビューしました!

総研
アスキースマホ総研リーダー ドロイドさん。スペックに載らない細かい話が好き
総研
主席研究員 スピーディー末岡。スペックの数値が大好きスペック厨
総研
新米研究員 ミナミダ。小型端末と肌色多めの美少女ゲームが大好物

■関連サイト

関連記事

Source: 週刊アスキー

Most Popular

To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。