未分類

カード型から個性派ストレート、子機まで 現行“ケータイ”14機種を総まとめ

まとめ
» 2019年01月15日 06時00分 公開

スマートフォン全盛の今、ケータイの新機種は徐々に数を減らしつつあったが、そんなケータイが再び脚光を浴びている。特に2018年はドコモの「カードケータイ」やauの「INFOBAR xv」など個性的なケータイが登場した。各キャリア+SIMロックフリーの現行ケータイを紹介する。

[小林誠, ITmedia Mobile編集部,ITmedia]




 スマートフォン全盛の今、ケータイを支持する根強い声はあるものの、ここ数年は目立った新機種はあまり登場していなかった。しかし2018年は超小型の「カードケータイ」や「NichePhone-S」、デザインに注力した「INFOBAR xv」など、ケータイにも個性的な機種が増えた。スマホが成熟した今だからこそ、あえて機能を絞ったケータイが脚光を浴びつつある。

 タッチパネルが苦手、もっとシンプルに使いたい、携帯性重視……そんな声に応えられる各キャリア&MVNOのケータイを紹介する(価格は全て2019年1月中旬時点、税込で各社のオンラインショップを参考にしている)。

NTTドコモの現行ケータイ

 スマホが主流になってからもドコモはケータイの投入を続けていたが、オーソドックスな折りたたみ端末が中心だった。しかし現在は個性的な機種も投入し、選ぶ楽しみが生まれつつある。

  • 基本使用料……月額1050〜1296円
  • インターネット接続料……月額324円
  • データ通信料……月額324〜4536円

 ドコモでは、既に持っているドコモのスマホの電話番号を利用して、対応機種を子機として使える「ワンナンバーサービス」を提供。その際の追加料金は以下だけで済む。

  • 月額使用料……月540円
  • 手数料……1回540円

通話専用・携帯性重視なら「カードケータイ KY-01L」

 カードサイズで話題の薄型軽量携帯電話。電子ペーパーディスプレイを採用したタッチ式のこれまでにない端末。バッテリー容量は小さいものの、電子ペーパーなので静止画表示であれば消費電力はゼロという特徴を持つ。カメラをはじめとした多くの機能に非対応で、主な機能は通話、SMS、テザリング。シンプルに使いたいという人にオススメ。

カードケータイ
「カードケータイ KY-01L」

主なスペック

  • 一括価格:3万1752円
  • 画面サイズ(解像度):2.8型(480×600ピクセル)
  • サブ液晶:−
  • 外部メモリ:−
  • カメラ:−
  • バッテリー容量:380mAh
  • 本体サイズ(幅×高さ×奥行き)、重量:55×91×5.3mm、47g
  • 最大通信速度:LTE下り100Mbps/上り37.5Mbps
  • 防水・防塵:IPX2(防滴)
  • おサイフケータイ:−
  • 赤外線通信:−
  • ワンセグ:−
  • GPS:−
  • テザリング:〇
  • 連続待受:100時間(3G)、100時間(LTE)
  • 連続通話:160分(3G)、110分(LTE)
  • 充電端子:MicroUSB
  • Bluetooth:4.2
  • Wi-Fi:IEEE802.11bgn(2.4GHz)

PCメール対応+長く使える「AQUOSケータイ SH-02L」

 2019年春発売予定のAQUOSケータイ最新モデル。KY-01Lと比べると真逆の多機能端末で、レシーバーの面積が大きくなった「でかレシーバー」で聴きやすさが向上。今後長く使えるようバッテリーに負担の少ない「インテリジェントチャージ」が可能。さらにPCメールやテザリングも使えるので仕事でも役立つことをアピールしている。

AQUOSケータイ SH-02L
「AQUOSケータイ SH-02L」

主なスペック

  • 一括価格:3万456円
  • 画面サイズ(解像度):3.4型(540×960ピクセル)
  • サブ液晶:0.9型
  • 外部メモリ:microSDHC
  • カメラ:800万画素
  • バッテリー容量:1680mAh
  • 本体サイズ(幅×高さ×奥行き)、重量:51×115×17.2mm(予定)、120g台
  • 最大通信速度:LTE下り150Mbps/上り50Mbps
  • 防水・防塵:IPX58・IP5X
  • おサイフケータイ:〇
  • 赤外線通信:〇
  • ワンセグ:〇
  • GPS:〇
  • テザリング:〇
  • 連続待受:未定
  • 連続通話:未定
  • 充電端子:Micro USB
  • Bluetooth:4.2
  • Wi-Fi:〇

ドコモスマホの子機として活用できる「ワンナンバーフォン ON 01」

 スマホを持ちつつ通話にケータイを使う、そんな2台持ちが希望ならこのモデル。ドコモのスマホを持っていれば、同じ電話番号をこの端末で使用可能。いわばスマホの子機だが、0N 01だけを持ち歩いて使うこともできる。カードケータイと似た小型薄型ではあるが、ハードキーで操作する。

ワンナンバーフォン
「ワンナンバーフォン ON 01」

主なスペック

  • 一括価格:9720円
  • 画面サイズ:1.5型
  • サブ液晶:−
  • 外部メモリ:−
  • カメラ:−
  • バッテリー容量:548mAh
  • 本体サイズ(幅×高さ×奥行き)、重量:54×110×7.0mm、55g
  • 最大通信速度:−(通話のみ)
  • 防水・防塵:IPX2(防滴)
  • おサイフケータイ:−
  • 赤外線通信:−
  • ワンセグ:−
  • GPS:−
  • テザリング:−
  • 連続待受:160時間(3G)、155時間(LTE)
  • 連続通話:−
  • 充電端子:Micro USB
  • Bluetooth:〇
  • Wi-Fi:−


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

まとめ
» 2019年01月15日 06時00分 公開

[小林誠, ITmedia Mobile編集部,ITmedia]




auの現行ケータイ

 人気のINFOBARシリーズをケータイで復活させたau。Androidベースのケータイを投入し続けており、実はケータイのラインアップは個性派がそろう。既に3Gへの対応はほぼ終了で、ケータイも4G LTEのみに対応した機種ばかりだ。メーカーではINFOBAR xv、DIGNO、TORQUE、かんたんケータイと京セラが大きなシェアを持つ。

 料金プランも4G向けのプランとなっており、選択肢も多い。

  • 基本使用料……月額1078〜1750円
  • インターネット接続料……月額324円
  • データ通信料……月額0〜4536円

auのINFOBARがケータイとして復活した「INFOBAR xv」

 深澤直人氏がデザインし2003年に発売されたケータイ「INFOBAR」の15周年記念モデル。INFOBAR伝統のニシキゴイカラー、タイルキーを採用しつつ、最新モデルとしてフレームレスキーになり、LINE、文字数が拡大したSMS「+メッセージ」、VoLTE、テザリングを利用できる。専用の卓上ホルダも付属している。一方でおサイフ―ケータイやワンセグは非対応となった。

INFOBAR xv
「INFOBAR xv」

主なスペック

  • 一括価格:5万1840円
  • 画面サイズ(解像度):3.1型(480×800ピクセル)
  • サブ液晶:−
  • 外部メモリ:microSDH
  • カメラ:800万画素
  • バッテリー容量:1500mAh
  • 本体サイズ(幅×高さ×奥行き)、重量:48×138×14.0mm、114g
  • 最大通信速度:LTE下り150Mbps/上り25Mbps
  • 防水・防塵:−
  • おサイフケータイ:−
  • 赤外線通信:−
  • ワンセグ:−
  • GPS:〇
  • テザリング:〇
  • 連続待受:530時間(LTE)
  • 連続通話:600分(LTE)
  • 充電端子:Micro USB
  • Bluetooth:4.1
  • Wi-Fi:IEEE802.11bgn(2.4GHz)

使いやすさ最優先で選ぶなら「かんたんケータイ KYF38」

 画面に表示されるピクトアイコン、文字、時計、メニューが大きく表示される使いやすさ重視のモデル。通話時にはやわらかく、はっきりと聞こえる他、自分の声は大きな声でも抑えめに調整してくれる。京セラの技術「スマートソニックレシーバー」で画面全体から音を伝えるのも聞き取りやすい。防水・防塵(じん)の他、耐衝撃性能もサポート。付属の卓上ホルダにはスピーカー機能を搭載している。

かんたんケータイ KYF38
「かんたんケータイ KYF38」

主なスペック

  • 一括価格:3万2400円
  • 画面サイズ(解像度):3.4型(480×854ピクセル)
  • サブ液晶:〇
  • 外部メモリ:microSDHC
  • カメラ:800万画素
  • バッテリー容量:1500mAh
  • 本体サイズ(幅×高さ×奥行き)、重量:51×115×17.9mm、140g
  • 最大通信速度:LTE下り150Mbps/上り25Mbps
  • 防水・防塵:IPX58・IP5X
  • おサイフケータイ:−
  • 赤外線通信:〇
  • ワンセグ:−
  • GPS:〇
  • テザリング:〇
  • 連続待受:430時間(LTE)
  • 連続通話:590分(LTE)
  • 充電端子:Micro USB
  • Bluetooth:4.1
  • Wi-Fi:IEEE802.11bgn(2.4GHz)

ワンプッシュオープンが便利な「AQUOS K SHF34」

 かつてはパナソニックの端末でおなじみだった折りたたみケータイのワンプッシュオープン。現在はシャープの端末で採用されており、このAQUOS Kでも利用できる。ヒンジのボタンを押すだけで端末が開く他、そのまま通話に応答することもできる。おサイフケータイやワンセグに加え、ケータイとしては大容量の1800mAhバッテリーを搭載。

AQUOS K SHF34
「AQUOS K SHF34」

主なスペック

  • 一括価格:4万3200円
  • 画面サイズ(解像度):3.4型(540×960ピクセル)
  • サブ液晶:〇
  • 外部メモリ:microSDHC
  • カメラ:800万画素
  • バッテリー容量:1800mAh
  • 本体サイズ(幅×高さ×奥行き)、重量:51×113×16.9mm、132g
  • 最大通信速度:LTE下り150Mbps/上り25Mbps
  • 防水・防塵:IPX58・IP5X
  • おサイフケータイ:〇
  • 赤外線通信:〇
  • ワンセグ:〇
  • GPS:〇
  • テザリング:〇
  • 連続待受:620時間(LTE)
  • 連続通話:810分(LTE)
  • 充電端子:Micro USB
  • Bluetooth:4.1
  • Wi-Fi:IEEE802.11bgn(2.4GHz)

通話機能が充実した「GRATINA KYF37」

 かんたんケータイほど画面内の表示は大きくないが、そのぶん多くの人が選びやすいタイプ。通話の機能はほぼ同じでスマートソニックレシーバーのように聞こえやすい技術を採用している他、通話終了時に直前の通話内容を丸ごと保存できる「あとから録音」が使える。ビジネスシーンや防犯面でも頼りになるケータイだ。

GRATINA KYF37
「GRATINA KYF37」

主なスペック

  • 一括価格:3万2400円
  • 画面サイズ(解像度):3.4型(480×854ピクセル)
  • サブ液晶:〇
  • 外部メモリ:microSDHC
  • カメラ:800万画素
  • バッテリー容量:1500mAh
  • 本体サイズ(幅×高さ×奥行き)、重量:51×113×16.7mm、136g
  • 最大通信速度:LTE下り150Mbps/上り25Mbps
  • 防水・防塵:IPX58・IP5X
  • おサイフケータイ:〇
  • 赤外線通信:〇
  • ワンセグ:〇
  • GPS:〇
  • テザリング:〇
  • 連続待受:500時間(LTE)
  • 連続通話:590分(LTE)
  • 充電端子:Micro USB
  • Bluetooth:4.1
  • Wi-Fi:IEEE802.11bgn(2.4GHz)

アウトドアでの使用に最適なタフネスケータイ「TORQUE X01」

 2017年2月発売のタフネスケータイ。耐衝撃性能をうたう機種は他にもあるが、18項目のMIL規格準拠の試験に加えて京セラ独自の落下試験もクリアしたのが特徴。さらに独自のアウトドア用センサーアプリがプリインストールされ、時刻や気温、圏内圏外の通知を読み上げる機能もある。大音量のスピーカーや、グローブを着用しても押しやすくなるよう凸量のあるハードキー、直射日光下でも見やすくなるよう光の乱反射を抑えたディスプレイなど、野外利用を想定した工夫が随所に見られる。

TORQUE X01
「TORQUE X01」

主なスペック

  • 一括価格:4万3200円
  • 画面サイズ(解像度):3.4型(480×854ピクセル)
  • サブ液晶:〇
  • 外部メモリ:microSDHC
  • カメラ:1300万画素
  • バッテリー容量:1500mAh
  • 本体サイズ(幅×高さ×奥行き)、重量:54×118×23.3mm、182g
  • 最大通信速度:LTE下り150Mbps/上り25Mbps
  • 防水・防塵:IPX58・IP6X
  • おサイフケータイ:〇
  • 赤外線通信:〇
  • ワンセグ:〇
  • GPS:〇
  • テザリング:〇
  • 連続待受:480時間(LTE)
  • 連続通話:540分(LTE)
  • 充電端子:Micro USB
  • Bluetooth:4.1
  • Wi-Fi:IEEE802.11bgn(2.4GHz)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

まとめ
» 2019年01月15日 06時00分 公開

[小林誠, ITmedia Mobile編集部,ITmedia]




ソフトバンク&Y!mobileの現行ケータイ

 ソフトバンクとY!mobileはソフトバンクが運営していることもあり、同じ機種が販売されることが多い。端末のラインアップに派手さはないが、2年契約で3年目以降に途中解約しても解除料金がかからない「フリープラン」や、オンラインショップでWeb接続やデータ通信「なし」が選択できること、PHSからの機種変更に力を入れていることなどがユニークだ。

  • ソフトバンクの基本使用料……月額1296〜2376円
  • Y!mobileの基本使用料……月額1008〜2629円
  • ソフトバンクとY!mobileのインターネット接続料……月額324円
  • ソフトバンクのデータ通信料……月額0〜4536円
  • Y!mobileのデータ通信料……月額0〜4860円

PHSからの機種変にオススメの「DIGNOケータイ2」

 ソフトバンクとY!mobileから販売中。充電せずに1週間以上使えることをうたう「エコモード」を搭載。充電負荷を減らしバッテリー劣化を抑える「ケアモード」やMIL規格対応のため、長く使うことが期待できる。LINEやラジオ、ワンセグなど多機能な点も特徴。Y!mobileではPHSからの機種変更で国内通話が常に無料になる(誰とでも定額無料となる)のもメリット。

DIGNOケータイ2
「DIGNOケータイ2」

主なスペック

  • 一括価格:4万7520円(ソフトバンク)、3万6828円(Y!mobile)
  • 画面サイズ(解像度):3.4型(480×854ピクセル)
  • サブ液晶:〇
  • 外部メモリ:microSDHC
  • カメラ:800万画素
  • バッテリー容量:1700mAh
  • 本体サイズ(幅×高さ×奥行き)、重量:51×113×17.1mm、137g
  • 最大通信速度:LTE下り112.5Mbps/上り37.5Mbps
  • 防水・防塵:IPX58・IP5X
  • おサイフケータイ:−
  • 赤外線通信:〇
  • ワンセグ:〇
  • GPS:〇
  • テザリング:〇
  • 連続待受:740時間(3G)、600時間(LTE)
  • 連続通話:910分(3G)、640分(LTE)
  • 充電端子:Micro USB
  • Bluetooth:4.1
  • Wi-Fi:IEEE802.11bgn(2.4GHz)

多機能かつ高いスタミナを誇る「AQUOSケータイ2」

 2016年発売ながら、DIGNOケータイ2と同じく充電せずに1週間以上使えるという高いスタミナが特徴。さらに節電機能の「長エネスイッチ」もあり、バッテリー容量はDIGNOケータイよりも大きい1800mAh。公式スペックの連続待受や通話時間は2018年時点でもトップクラスで、多機能でありながらスタミナも十分ある機種。他キャリアのシャープケータイで採用されているでかレシーバーやワンプッシュオープンも利用できる。

AQUOSケータイ2
「AQUOSケータイ2」

主なスペック

  • 一括価格:4万7520円(ソフトバンク)、3万6828円(Y!mobile)
  • 画面サイズ(解像度):3.4型(540×960ピクセル)
  • サブ液晶:〇
  • 外部メモリ:microSDHC
  • カメラ:800万画素
  • バッテリー容量:1800mAh
  • 本体サイズ(幅×高さ×奥行き)、重量:51×113×16.7mm、132g
  • 最大通信速度:LTE下り112.5Mbps/上り37.5Mbps
  • 防水・防塵:IPX58・IP5X
  • おサイフケータイ:−
  • 赤外線通信:〇
  • ワンセグ:〇
  • GPS:〇
  • テザリング:〇
  • 連続待受:840時間(3G)、595時間(LTE)
  • 連続通話:910分(3G)、800分(LTE)
  • 充電端子:Micro USB
  • Bluetooth:4.1
  • Wi-Fi:IEEE802.11bgn(2.4GHz)

‟光”の指示で押すべきボタンが分かる「かんたん携帯9」

 その名の通り、画面内の文字表示や通知ランプも大きく、分かりやすいのが特徴。着信時にどのボタンを次に押せばいいのか、ボタンが光ることでお知らせする。通話時には電話ボタンを押すだけで、相手の声が聴きとりやすくなる「くっきりトーク」機能がある。さらにLINEにも対応している。

かんたん携帯9
「かんたん携帯9」

主なスペック

  • 一括価格:4万7520円
  • 画面サイズ(解像度):3.4型(540×960ピクセル)
  • サブ液晶:〇
  • 外部メモリ:microSDHC
  • カメラ:800万画素
  • バッテリー容量:1410mAh
  • 本体サイズ(幅×高さ×奥行き)、重量:51×113×17.6mm、127g
  • 最大通信速度:LTE下り112.5Mbps/上り37.5Mbps
  • 防水・防塵:IPX57・IP5X
  • おサイフケータイ:−
  • 赤外線通信:〇
  • ワンセグ:〇
  • GPS:〇
  • テザリング:−
  • 連続待受:630時間(3G)、460時間(LTE)
  • 連続通話:660分(3G)、480分(LTE)
  • 充電端子:Micro USB
  • Bluetooth:−
  • Wi-Fi:−

シンプルなストレートケータイ「Simply 603SI」

 Y!mobile向けに2017年8月に発売されたセイコーソリューションズ製のストレート型ケータイ。カードケータイのように、よりシンプルな端末が出ているものの、それでも200万画素カメラに赤外線通信など必要最低限の機能しかない点は特徴の一つ。さらにY!mobileでは機種変更以外は実質0円、ケータイプランのみを契約して月額1008円から使うことが可能で(手数料等除く)、機能も料金もシンプルに使いたいのならオススメだ。

Simply 603SI
「Simply 603SI」

主なスペック

  • 一括価格:2万3868円
  • 画面サイズ(解像度):2.4型(240×320ピクセル)
  • サブ液晶:−
  • 外部メモリ:microSDHC
  • カメラ:200万画素
  • バッテリー容量:1770mAh
  • 本体サイズ(幅×高さ×奥行き)、重量:50×132×13.8mm、115g
  • 最大通信速度:LTE下り112.5Mbps/上り37.5Mbps
  • 防水・防塵:−
  • おサイフケータイ:−
  • 赤外線通信:〇
  • ワンセグ:−
  • GPS:〇
  • テザリング:−
  • 連続待受:800時間(3G)、500時間(LTE)
  • 連続通話:800分(3G)、600分(LTE)
  • 充電端子:Micro USB
  • Bluetooth:−
  • Wi-Fi:−


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

まとめ
» 2019年01月15日 06時00分 公開

[小林誠, ITmedia Mobile編集部,ITmedia]




SIMロックフリーの現行ケータイ

 SIMロックフリーのケータイも販売されている。MVNOユーザーはぜひ検討してほしい。

通話半額サービスも利用できる「AQUOSケータイ SH-N01」

 楽天モバイルとイオンモバイルが取り扱っており、ドコモ回線で利用できる。キャリアモデルと同様にでかレシーバーやワンプッシュオープンを採用。ハードキー部分は指でなぞって操作する「タッチクルーザー」にも対応している。MVNOのモデルとはいえ、VoLTEやテザリング、防水、耐衝撃性能も備えている。さらに通話料が安く済む「楽天でんわ」などは、電話番号を付加するプレフィックス機能を使うことで利用可能だ。

AQUOSケータイ SH-N01
「AQUOSケータイ SH-N01」

主なスペック

  • 一括価格:2万6784円(楽天モバイル)、2万5920円(イオンモバイル)
  • 画面サイズ(解像度):3.4型(540×960ピクセル)
  • サブ液晶:−
  • 外部メモリ:microSDHC
  • カメラ:800万画素
  • バッテリー容量:1800mAh
  • 本体サイズ(幅×高さ×奥行き)、重量:51×113×16.7mm、131g
  • 最大通信速度:−LTE対応
  • 防水・防塵:IPX58・IP5X
  • おサイフケータイ:−
  • 赤外線通信:〇
  • ワンセグ:−
  • GPS:〇
  • テザリング:〇
  • 連続待受:700時間(3G)、610時間(LTE)
  • 連続通話:620分(3G)、440分(LTE)
  • 充電端子:Micro USB
  • Bluetooth:4.1
  • Wi-Fi:IEEE802.11bgn(2.4GHz)

超小型LTEケータイ「NichePhone-S 4G」

 スマホアクセサリーを取り扱うフューチャーモデルが開発した小型ケータイ。初号機は3Gのみ対応だったが、この2号機はLTEに対応した。厚さ9.5mm、重量52gというカードサイズの小型軽量ボディーが特徴。ブラウザやカメラは搭載していないが、テザリングは利用できる。2台目のサブ機として使うのに向いている。

 ドコモとソフトバンク(Y!mobile)のネットワークに対応するが、VoLTEはサポートしていない。IIJmio、イオンモバイル、NTTドコモ、ソフトバンク、OCN モバイル ONE、nuroモバイル、mineo(Dプランのみ)のSIMカードで動作確認済みで、IIJはセット端末としても販売している。

NichePhone-S 4G
「NichePhone-S 4G」

主なスペック

  • 一括価格:1万3824円
  • 画面サイズ(解像度):0.96型(64×128ピクセル)
  • サブ液晶:−
  • 外部メモリ:−
  • カメラ:−
  • バッテリー容量:1000mAh
  • 本体サイズ(幅×高さ×奥行き)、重量:50×90×9.5mm、52g
  • 防水・防塵:−
  • おサイフケータイ:−
  • 赤外線通信:−
  • ワンセグ:−
  • GPS:〇
  • テザリング:〇
  • 連続待受:110時間
  • 連続通話:180分(3G)
  • 充電端子:専用マグネットDC端子
  • Bluetooth:4.0
  • Wi-Fi:IEEE802.11bgn(2.4GHz)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Source: IT総合情報

Most Popular

To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。