未分類

AlexaかGoogleかSiriか、英語か日本語か それが問題だ

コラム
» 2019年01月26日 07時00分 公開

ソニーのワイヤレスヘッドフォン「WH-1000XM」シリーズが、ファームウェアアップデートでAmazonの音声アシスタント「Alexa」をサポートしました。その導入方法や使い勝手を見ていきましょう。

[田中宏昌,ITmedia]




 2019年1月17日、ソニーがワイヤレスノイズキャンセリングヘッドフォン「WI-1000X」および「WH-1000XM2」と「WH-1000XM3」の3モデルを対象に、ソフトウェアアップデート(Ver.4.1.1)の提供を始めました。これはベルリンで開かれた「IFA 2018」やラスベガスで開催された「CES 2019」の会期中に発表されていたもので、従来はAppleのSiriとGoogle Assistantのみのサポートでした。

Google Assistantに加えてAmazon Alexaもサポート

 今回のAlexa対応によって、本体にある「NC/AMBIENTボタン」を押すだけでAlexaに音楽の再生やトラックのスキップ、楽曲の検索などを指示できる他、登録済みスマートホーム製品の操作も行えるようになります。また、WH-1000XM3のみですが音声ガイダンスの言語を選べるようになったのもポイントです。

 筆者が普段使っているWH-1000XM3は、2016年に登場した初代「MDR-1000X」、2017年発売のWH-1000XM2に続く第3世代にあたるモデルで、LDACやaptX HDといった高音質のBluetoothコーデックのサポートに加え、ノイズキャンセリングプロセッサ「QN1」の採用により、従来モデルよりノイズキャンセル性能を大幅にアップしているのが特徴です。

WH-1000XM3
ソニーのワイヤレスノイズキャンセリングヘッドフォン「WH-1000XM3」。同シリーズの最新モデルで、ブラックとプラチナシルバーの2色が用意されています

 早速、手元にあるWH-1000XM3をアップデートして、Alexaでスマートホーム製品を動かせるかを試してみました。

 アップデート作業に必要なのは、Android 5.0以降またはiOS 9以降を搭載したスマートフォンです。ここに最新の「Amazon Alexa」アプリと、ソニーが提供しているアプリ「Sony | Headphones Connect」をインストールします。

 Sony | Headphones Connectは、本体のアップデートだけでなくノイズキャンセリング回りの細かい調整や最適化、音質調整、ボタンの割り当てといった多彩な機能を備えています。また、対象のソフトウェアアップデートがあると、アプリが起動した段階でダイアローグが表示されるため、見逃すこともありません。

 さらにウォークマンと接続していれば、曲の早送りや早戻し、音量調整などのリモコンとしても機能します。

WH-1000XM3WH-1000XM3
ソニーが提供しているアプリ「Sony | Headphones Connect」の画面(画面=左)。本体にあるボタンの割り当てもここで変更します(画面=右)

 アップデート作業は、WH-1000XM3とスマホを接続した状態で行います。筆者は朝食前にアップデータの提供に気が付き、軽い気持ちでアップデート作業に取りかかったのですが、本体のアップデートと言語の変更と合わせて30分以上かかったので、時間と気持ちのゆとりがあるときに実施した方が無難でしょう。

WH-1000XM3WH-1000XM3
本体のアップデート画面(画面=左)。20分程度の時間が必要です。アップデートによって音声ガイダンスの言語を選べるようになりました(画面=右)。音声ガイダンスの更新は5分程度で済みます

 ヘッドフォン本体のアップデートが終わると、音声ガイダンスの言語が選べるようになります。音声ガイダンス用の言語は、現状で日本語を含めて15言語から選択できます。従来は英語のみだったので、こちらも待望のアップデートと言えるかもしれません。

 まずは音声ガイダンスで日本語を選択し、同時にNC/AMBIENTボタンの割り当てを「Amazon Alexa」に変更しました。言語の設定にはダウンロードを含めて5分程度の時間が必要です。ちなみに、iPhone接続時は右のハウジングを長くタップするとSiriが呼び出せます。

WH-1000XM3
ヘッドフォンの左側に電源ボタンとNC/AMBIENTボタンを備えます。充電はUSB Type-C端子を利用します

 続いて、Amazon Alexaアプリを起動して「デバイス」→「デバイスの追加」→「ヘッドフォン」でWH-1000XM3を登録します。Sony | Headphones ConnectとAmazon Alexaの両アプリを立ち上げておくことで、WH-1000XM3からPrime Musicやスマートホーム製品の操作などが可能になります。

 筆者の環境では、リンクジャパンのスマートリモコン「eRemote mini」経由でTVや照明、エアコンに扇風機などが扱えるようになっており、普段はAmazonのスマートスピーカー「Echo Dot」(第2世代)でコントロールしています。室内だけでなく、外からも扱えるのでいざという時に役立っています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コラム
» 2019年01月26日 07時00分 公開

[田中宏昌,ITmedia]




ヘッドフォンからTVやエアコンなどの操作も可能に

 WH-1000XM3での操作は、「Alexa」や「Computer」といったウェイクワードは不要で、本体にあるNC/AMBIENTボタンを押すことでAlexaを呼び出します。

 具体的には、ボタンを押すと「ピロン」とサウンドが鳴るので、「ELPの曲をかけて」というと「ポーン」というサウンドの後に「Amazon Musicでエマーソン レイク & パーマーの曲をシャッフル再生します」というガイダンスが流れ、ヘッドフォンから曲が流れてきます。Amazon Prime会員用の無料サービス「Prime Music」に希望の曲がなければ、有料ストリーミングサービスの「Music Unlimited」を検索するという動作をします。

 一方、家電の操作も同様で、ボタンを押してから「TVの電源オン」「ランプオフ」といった音声コマンドを伝えるだけで指定の動作を実行します。いずれの場合も、大きな声を出す必要はなく、ヘッドフォンに語りかける(周辺の環境にも左右されますが、静かな場所ではつぶやく程度で認識してくれます)ように伝えるだけで大丈夫です。

WH-1000XM3WH-1000XM3
Amazon Alexaアプリを立ち上げてヘッドフォンを登録します(画面=左)。セットアップ画面でWH-1000XM3を選びます(画面=右)

 唯一悩ましいのは、音声ガイダンスの言語選択です。英語版では「Power On」「Power Off」「Bluetooth Connected」といった形でテンションが上がる感じだったのですが、日本語では「電源が入りました」「電源を切ります」「Bluetooth 接続しました」に変わり、どちらかというと淡々とした音声になってしまうからです。好みと言えばそれまでですが、試した限りでは「ブラジルポルトガル語」がDJ風に聞こえるので気に入りました。

WH-1000XM3WH-1000XM3
登録が済めばセットアップは完了です(画面=左)。筆者の環境で登録してあるデバイス一覧(画面=右)

 筆者のように、普段はApple WatchやウォークマンなどとWH-1000XM3を組み合わせて使っている場合はBluetoothやアプリの切り替えで一手間が発生しますが、スマホ経由で音楽を聞いている人には、なかなか便利な機能と言えそうです。

 何より、WH-1000XM3のノイズキャンセリング機能は非常にインパクトがあるので、まだ試したことがない人はぜひ店頭などで効き目を体験してみてください。思わず「おおっ」と声を出してしまうこと請け合いです。音楽を聴かずに、ノイズキャンセル機能だけを使うこともできるので、図書館での勉強や喫茶店での仕事といった場面でも威力を発揮します。

 実売価格は3万円台後半と安くはありませんが、サウンドも満足がいくもので、Bluetooth接続時は約30時間、10分間の充電で5時間の再生が行えるのもうれしいところです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Source: IT総合情報

Most Popular

To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。