未分類

AIスタートアップのシナモンが15億円調達、サントリー代表の新浪氏がアドバイザーに

文書読み取りエンジン「Flax Scanner」などを展開するシナモンは1月28日、SBIインベストメント、未来創生ファンドなどから15億円を調達したと発表した(融資含む)。また、2月1日よりサントリーホールディングス代表取締役の新浪剛史氏がアドバイザーに就任することも併せて発表された。今回のラウンドに参加した投資家は以下の通り。

  • SBIインベストメント
  • FFGベンチャービジネスパートナーズ
  • 伊藤忠テクノソリューションズ
  • Sony Innovation Fund
  • TIS
  • 未来創生ファンド
  • 野村ホールディングス
  • 住友商事
  • SMBCベンチャーキャピタル
  • 千本倖生氏
  • 石黒不二代氏

シリアルアントレプレナーの平野未来氏が率いるシナモンは、AIによってホワイトカラーの生産性を向上させることを目指すスタートアップだ。文書を読み取るOCRサービスのFlax Scanner、チャットボットの「Scuro Bot」、レコメンデーションエンジンの「Lapis Engine」などを展開している。また、直近では音声認識技術の「Rossa Voice」をプレローンチし、実証実験を開始している。

なかでも、同社の主力プロダクトであるFlax Scannerは読み取り精度が実データで95〜98%と高精度であることが特徴。独自にデータベースを構築することで、読み取りデータを自動補正するなどの機能もある。保険証や免許証のようにフォーマットが国単位で統一されている場合は、機械学習によって記載された文字を読み取ることは技術的なハードルは低い。しかし、Flax Scannerでは、例えばアンケート用紙などのように、統一されていないフォーマットでも高い精度で読み取りが可能だ。

同社は今回の資金調達により、海外におけるAI人材の獲得、AIプロダクトの基盤技術やプロダクトUIの強化などを進める。加えて、2018年12月に設立が完了したアメリカ法人を拠点に、今年から海外進出を本格化させていく構えだ。

【関連記事】
MLのモデルをチューニングするツール「Neo-AI」をAWSがローンチ
「AIが世界の不平等を悪化させる可能性」と世界経済フォーラムが警鐘
AI市場は急成長中だが正確な数字を知るのは難しい
ドローン画像と機械学習を利用する果樹園精密農業は果樹を個体管理できる
中国AIスタートアップが常総市に自動運転施設を開設

Source: TECH CRUNCH

Most Popular

To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。