未分類

大人になっても揺りかごで眠る…と頭が冴えるらしい

  • 2019.02.02 22:00
大人になっても揺りかごで眠る…と頭が冴えるらしい
Photo: Pexels/Pixabay

ハンモック、買おうかな?

ママの腕に抱かれ、眠れ~、眠れ~と、子守り歌を聞きながら、優しい眠りに落ちていた幼少期の思い出。赤ちゃんって、どうして揺られながら心地よく眠っていくんでしょうね? これって、小さな子どものときだけですか? 大人になったら、どうなの…?

そんな素朴な疑問を解明すべく、このほどスイスの研究者たちが実施した調査結果の論文が、Current Biologyに掲載されましたよ。実は2011年にも、すでに同じ研究者らが関わって、ゆっくりと揺られながら眠る効果を検証。通常より早く眠りにつき、深い眠りに落ちられることなどが判明しており、今回さらなる詳細を探る調査へとつながっています。

190130currentbiology2
Photo: Perrault, et al/Current Biology

ゆらゆらと深い眠りへ

今回の研究では、平均年齢23歳の若者18名を、3日にわたって睡眠ラボで追跡調査。まずは初日は普通に慣れるために眠ってもらいました。その後、特殊なモーターで左右に優しく揺られながら眠れるベッド上にて、被験者たちにランダムに寝てもらい、脳波や睡眠パターンの変化をチェックしていきましたよ。

同調査結果によれば、被験者たちは揺られる揺られないに関わらず、ほぼ同じ睡眠時間で目が覚めています。しかし揺られながら眠ると、ノンレム睡眠の第3段階(S3)の時間が延びると判明。同じ時間だけ眠っても、より深い眠りに落ちることができ、脳波の波長が急激に変動して睡眠が安定しなくなることも少ないそうです。その結果、起床後に実施した記憶力のテストでも、なんと通常の睡眠よりスコアアップし、より頭が冴える良い睡眠が得られていると報告されています!

睡眠が解明できたら…スマートベッドが欲しい

人間の脳が、睡眠前および睡眠中、どのように周囲に反応するかへの理解を深めることは、さまざまな要因で健康的な睡眠を得られない人々を助ける手段の解明において、重要な役割を果たしている。不眠症、加齢に伴う睡眠障害、そのほかの睡眠の問題を抱える人々の治療に、本研究が資する可能性は高い。

調査チームを率いた、ローザンヌ大学のKonstantinos Kompotis氏は、このように語っています。なお、今回の研究では、揺られながら眠ることが与える影響を、ネズミでも調査してみました。とはいえ、人間の場合よりも強く激しく揺すられなければ、あまり目立った睡眠効果はないことも判明しているようです。

大人になっても、母親の腕に抱かれ、揺られて眠った過去の経験を再現するならば、良好な影響が身体におよぶとの調査結果。ただし、どれくらいの揺れが効果をもたらすのかなどをめぐっては、さらなる研究を進めることが必要とされており、一概にハンモックで揺られて眠れば、良い睡眠が得られると結論づけることもできないんだとか。でも、そのうちAIで睡眠レベルを分析しつつ、最適に揺らしてくれるベッドなんかが誕生してきたりするのかもしれませんよね~。

Source: Current Biology

Source: GIZMODO JAPAN

Most Popular

To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。