未分類

FacebookのファクトチェッカーからSnopes.comが脱退「負担が大きすぎた」

速報
» 2019年02月03日 07時36分 公開

Facebookがフェイクニュース対策の一環として2016年に立ち上げたサードパーティによる投稿のファクトチェックプログラムから、米ファクトチェックサイトのSnopes.comが脱退した。有償で従事したが、負担が大きすぎたとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]


 米ファクトチェックサイトのSnopes.comは2月1日(現地時間)、米Facebookが2016年に立ち上げたサードパーティーによるFacebookコンテンツのファクトチェック担当を辞めたと発表した。Snopes.comはFacebookのファクトチェッカー一覧から既に消えている。

 snopes 1
本稿執筆現在の米国ファクトチェッカー一覧

 Snopes.comはFacebookのファクトチェックの立ち上げメンバー。米国担当団体としては他に、ABC News、Associated Press(AP)、Factchek.org、PolitiFact、The Weekly Standardが参加していたが、ABC NewsとThe Weekly Standardは既に脱退している。

 sopes 2
2018年7月時点の米国ファクトチェッカー一覧

 Facebookは2016年12月、米大統領選で浮上したFacebook上のフェイクニュース拡散問題の対策の1つとして、サードパーティーによるファクトチェックシステムを立ち上げた。参加団体は、ユーザーからの報告やアルゴリズムが虚偽であると判断した投稿の真偽を判断する。団体が虚偽だと判定した投稿にはフラグが立ち、ニュースフィード上の表示ランクも下がる。

 Snopes.comは当初ボランティアで参加していたが、2017年にはFacebookから代価として10万ドル(約1100万円)受け取った。

 Snopes.comの幹部、ヴィニー・グリーン氏は国際的な事実確認組織Poynterに対し、Facebookのファクトチェックはマニュアル作業で、わずか16人の従業員にとって負担が大きすぎたと語った。「Facebookのためだけのファクトチェック作業ではなく、Web全体に貢献できるファクトチェックシステムを構築すれば、結果的にFacebookを助けることにもなる」(グリーン氏)。

 FacebookはPoynterに「サードパーティによるファクトチェックはフェイクニュース対策で非常に重要だ。われわれは世界の34のパートナーと強力な関係を築き、16言語でのコンテンツチェックを実施している。今年はさらに多くのパートナーとサポート言語を拡大していく計画だ」という声明文を送った。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Most Popular

To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。