未分類

“感覚”の伝達も可能に 5Gで変わるコミュニケーションの手法

ニュース
» 2019年02月03日 06時00分 公開

モバイル通信が進化するに従って、携帯電話のコミュニケーションは変化してきた。「5G」の世界では、コミュニケーションの手法はどう変わるのか。電話、メール、チャットといった既存の枠を超えるトレンドやサービスは生まれるのか。

[田中聡,ITmedia]




 モバイル通信が進化するに従って、コミュニケーションの手法も変化してきた。携帯電話は元来、通話をするためのデバイスだったが、今や通話が脇役になるほどコミュニケーションの手段は多様化した。3G通信によってケータイメールが普及し、ケータイから写真や動画を送ることも可能になった。その次世代規格のLTEでは、送受信できるデータがよりリッチなものになり、SNSやチャットアプリを中心に、写真や動画でのコミュニケーションを加速させた。

 2019年〜2020年にかけて日本でサービスがスタートする「5G」では、コミュニケーションの手法はどう変わるのか。電話、メール、チャットといった既存の枠を超えるトレンドやサービスは生まれるのか。2019年に5Gのプレサービス開始を予定しており、現在もさまざまなパートナー企業と5Gのソリューションを開発している、NTTドコモに話を聞いた。

ドコモ、5G
左から、経営企画部 5G事業推進室 企画担当部長の鴻池庸一郎氏、経営企画部 5G事業推進室長の太口努氏、5Gイノベーション推進室 5G方式研究グループリーダー 担当部長の奥村幸彦氏

 ドコモは外部パートナーと5Gの新規ビジネスを創出すべく「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」を提供しており、現在は2000社を超える企業が参加している。この中で、5Gの技術検証環境を無償で利用できる「ドコモ5Gオープンラボ」や、そこにドコモのクラウド基盤を直結させ、画像認識やAI技術なども利用できる「ドコモ5Gオープンクラウド」を提供している。

 経営企画部 5G事業推進室 企画担当部長の鴻池庸一郎氏は「5Gはドコモ1社だけでは広げられません。パートナーとどう組んで世の中を変えていけるかが重要。事例作りが幾つか立ち上がってきたところです」と話す。

ドコモ、5G
外部パートナーと新たなビジネス創出を目指す「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」を提供

 こうした取り組みの中で、情報を伝達する新たなビジネスのヒントが生まれつつある。経営企画部 5G事業推進室長の太口努氏は、「LTEで(送受信できる)情報量が増したことで、SNSが普及しました。5Gでも情報量が増えることは変わりません」とした上で、「体感できる要素が増える」とみる。具体的には、遠隔地から「実感」「臨場感」「没入感」などが得られるというものだ。「情報量が増えて低遅延になることで、あたかもそこで実感できるようなことが可能になる」ことが期待される。

 「一般のお客さまに実感いただける、5Gの分かりやすい特徴は、『高速』と『低遅延』。SNSは瞬時というよりは、ある程度時間をかけながら密にやりとりをしますが、5Gではインタラクティブ性が高まるでしょう。低遅延の良さを生かせるようなサービスが出てきてもおかしくありません」(太口氏)

 ドコモはH2L(Happy Hacking Life)と5G事業での協業を2019年1月9日に発表しており、「BodySharing技術」を開発する。この技術は、筋変位センサーを活用し、手や腕などの身体情報を遠隔地から伝達可能にするもの。つまり遠隔地にいる人の感覚を、リアルタイムで他のユーザーに伝えることが可能になるのだ。光学式筋変位センサーを内蔵したVRゴーグル「FirstVR」、遠隔地のユーザーに触覚を伝えるリストバンド「UnlimitedHand」、2本のベルトに電気刺激を与えて手指の動きをコントロールする「PossessedHand」といったデバイスを用意。

ドコモ、5G
身体情報を伝える「BodySharing技術」をH2Lと共同で開発

 H2Lとの取り組みでは、沖縄県国頭郡東村で撮影されたマングローブカヤックやスタンドアップパドルボードの映像をFirstVRで楽しめるコンテンツを用意。実際にパドルをこぐ動作を、遠隔地のユーザーがVRゴーグルを通じて、あたかもその場にいるかのような臨場感を味わえる。ここにUnlimitedHandを組み合わせれば、オールをこぐときの感触も楽しめるはず。LTEならオールをこぐ映像を後から共有する形だが、5Gでは、今まさにオールをこいでいる様子をリアルタイムで共有し、しかも感覚まで伝えられる――というわけだ。

 遠隔地にいる人同士が仮想的な握手をしたり、離れて暮らす家族に子どもを抱きかかえた感覚を伝えたり……。これまでの「見る」「聞く」に加えて「触る」を伝えられるようになれば、コミュニケーションの密度が増す。

 感覚を伝えるだけでなく、コントロールできることも注目すべき点だ。例えば東京に有名なバイオリンの先生がいるけれど、地方から上京して教わることが難しいという場合。BodySharing技術を用いれば、手首に装着したPossessedHandを介して、先生が生徒にバイオリンの弾き方を教える、といったことが可能になる。BodySharing技術は外部パートナーに開放しているため、さまざまなサービスの創出が期待できる。

 ヤマハが開発した、音楽のリアルタイムセッション「NETDUETTO」も、それ自体がモバイル通信を介した新たなコミュニケーションだといえるし、他のシーンで応用もできる。例えば、ブラスバンド部が全体練習をしたいが、メンバーの1人が欠席しているとき。LTEなら遅延が大きいため、モバイル通信を介した遠隔合奏は厳しいが、遅延の少ない5Gなら“遠隔練習”が可能になる。

ドコモ、5G
ヤマハの「NETDUETTO」に5Gを活用。離れた場所で遅延なくセッションができる、


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ニュース
» 2019年02月03日 06時00分 公開

[田中聡,ITmedia]




 自分の分身を使ったコミュニケーションも可能になるかもしれない。ドコモは凸版印刷と東京大学暦本研究室との共同研究として、「IoA仮想テレポーテーション」を開発。IoAとは「Internet of Abilities」の略で、さまざまなモノがインターネットにつながることを表す「IoT(Internet of Things)と異なり、人の能力がインターネットにつながることを示す。

 大画面の有機ELディスプレイが備えられた「伝送ルーム」に人が立つと、分身ロボットに搭載された360度カメラの映像がディスプレイに送られることで、現地にいるかのような体感ができる。この伝送ルームに搭載されたカメラで映し出された自分の映像をリアルタイムで分身ロボットに投影することで、自分の存在を遠隔地の人にアピールできる。これが仮想テレポーテーションといわれるゆえんだ。

ドコモ、5G
「IoA仮想テレポーテーション」のデモ。伝送ルームに立つと、遠隔地にある分身ロボットからの360度映像を大画面ディスプレイで見られる


ドコモ、5G
分身ロボットは、上部の360度カメラで撮影した映像を伝送ルームに送る。伝送ルーム内のユーザーをディスプレイに表示するので、その場にいるかのような演出ができる

 例えば自宅にいながら、社内の会議室にいるかのような感覚で会議に参加したり、遠隔地からの映像や音声を通じて旅行を楽しんだりできるようになる。ここに、先述したウェアラブル端末を組み合わせて感覚も伝えれば、その場にいるかのような体験も夢ではない。自宅に伝送ルームを設置するのが難しければ、VRゴーグルを介した仮想空間で代用するという手もある。

 「“遠隔○○”は、固定の光回線で大容量通信ができれば、今でも同じような機能は実現できます。5Gではここにモバイルの要素を足すので、動き回った状態で、同じような遠隔体験ができます」と太口氏は期待を寄せる。その手法も、物理的なディスプレイやロボットを介する方法もあれば、VRゴーグルを使って仮想空間で実現する方法もある。太口氏は「現実世界と仮想空間の組み合わせも重要になる」と言う。「現実世界には距離や場所の制約があります。仮想空間で補うことで、現実と仮想の間で新たな価値が生まれるでしょう」

 ちなみに、携帯電話の基本である音声通話は、5Gではどう変わるのか。5Gイノベーション推進室 5G方式研究グループリーダー 担当部長の奥村幸彦氏は「品質は改善していきますが、音声はLTEベースなります」と話す。音声にVoLTEを使うことは、5Gでも変わらないようだ。映像に関しては「eLTE(enhanced LTE:LTE/LTE-Advancedを進化させたもの)のネットワークで収容して、より大きな情報量を必要とする映像などは、5Gで対応します」と同氏。

 5Gの世界では情報の伝達量が増大し、リアルタイムで感覚も伝達、制御可能になる。こうした変化を起こすにはデバイスの進化も欠かせない。“感覚”を扱うことは、既存のスマートフォンでは限界がある。先述したVRゴーグルやウェアラブル端末の普及は必須だ。5Gではスマートフォンの周辺デバイスも拡張するだろう。いや、ひょっとしたら、コミュニケーションの場では、スマートフォンは主役ではなくなっているかもしれない。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Source: IT総合情報

Most Popular

To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。