スマホ・通信

Google 聴覚障害者向けのAndroidアプリを公開

 米グーグルは現地時間2月4日、聴覚障害者向けのAndroidアプリ「Live Transcribe」と「Sound Amplifier」をブログで公開した。

[embedded content]

 Live Transcribeは、クラウドの自動音声認識機能を使用して、会話を端末画面にリアルタイムで表示するアプリ。耳が聞こえない、または聞き取りが難しい人々に、日常的なやり取りの中で大きな自立をもたらす可能性があるという。外部のマイクと接続して書き起こしの正確さを改善してきたとのこと。

 Live Transcribeは70以上の言語と方言に対応。話すことができないユーザーのためには、タイプバックキーボードによって会話が可能だ。

 Live Transcribeを使用するには、「ユーザー補助の設定」で有効にしてから、ナビゲーションバーのユーザー補助ボタンからアプリを起動するだけ。2月4日からベータ版としてGoogle Playストアに順次公開される。またGoogle Pixel 3にはプレインストールされる。

google
Live Transcribe

 Sound Amplifierは、音声をよりはっきり聞こえやすくするアプリ。こちらもGoogle Playストアで入手可能で(日本で公開されていない模様)、Android 9 Pie以降のバージョンに対応。Google Pixel 3にはプレインストールされるという。

 有線でヘッドフォンを繋いだAndroidスマートフォンでSound Amplifierを使用すれば、環境音をフィルタリングや増幅ができる。大きな音を大きくしすぎないようにしながら、静かな音を増やすことも可能。設定画面で音の強調をカスタマイズしたり、ノイズリダクションを適用して、気になるバックグラウンドノイズを最小限に抑えたりできる。

google
Sound Amplifier

 Googleは今後、LiveTranscribeとSound Amplifierの両アプリを使用して、聴覚障害者がより正確に意思を伝えられる手助けになることを目標としているとのこと。

■関連サイト

関連記事

Source: 週刊アスキー

Most Popular

To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。