未分類

取り外し可能な超強力粘着パッドが決め手。色々くっつくスマホマウント「STICK iT」を使ってみた

  • 2019.02.16 17:45
  • lifehacker
  • machi-ya
  • メディアジーンメディアコマース
取り外し可能な超強力粘着パッドが決め手。色々くっつくスマホマウント「STICK iT」を使ってみた
Photo: 増田 隼也

ライフハッカー[日本版]からの転載

旅行などのおでかけ時に家族や友達との集合写真の撮影はどうしていますか?

通りすがりの人に頼むのも1つの方法ですが、三脚などあれば自分たちだけで簡潔できるのでスマートですよね。でも三脚のようなかさばる物はできれば持ち歩きたくない。

そんな悩みを抱える方におすすめのスマホマウント「STICK iT」を試す機会がありましたのでその性能を皆さんにご紹介したいと思います。

圧倒的粘着力がポイント

P1011323
Photo: 増田 隼也

STICK iTの構造はとてもシンプル。可動式の接着面は2つ。小さい方はスマホなどのデバイス側に、もう一方の大きい方は壁などの固定したい場所にくっつけるものとなっています。パッケージにはそれぞれ予備も付属しているので交換して長く使うことが可能。

stickit_hagasu
Photo: 増田 隼也
P1011339
Photo: 増田 隼也

指で触っているだけではそれほど強力な感じはしませんでしたが、実際に貼り付けてみるとこのような感じ。粘着パッドがこれでもか!という具合にくっついており、しっかり力を入れないと外すことが難しいぐらいの粘着力。

stickit_weight
Photo: 増田 隼也

約1.5kgの筆者ノートPCもご覧の通り不安なく持ち上げることができます。

木、レンガ、ブロックなんでもOK

P1011332
Photo: 増田 隼也

ガラスやホワイトボードなどの綺麗な平面には一切不安なく貼り付いてくれましたが、凹凸のある壁紙も特に問題なく固定可能。

P1011338
Photo: 増田 隼也

レンガやタイルな外壁素材もこの通り安定しています。

P1011340
Photo: 増田 隼也

凹凸があるブロックでもしっかり押し付ければぐらつきも無くピタッとホールド。

P1011343
Photo: 増田 隼也

安定した吸着にはできるだけ平面への設置が望ましいのですが、こちらのようなポール状のような場所でも少ない接点でしっかりとくっついています。

P1011333
Photo: 増田 隼也

さらに細い棒状のところでもこのようにホールド。

ただし、細い場所は左右のバランスが取れていないと動いてしまい外れやすくなるので注意は必要です。

洗って回復する吸着力で繰り返し利用可能

P1011341
Photo: 増田 隼也

STICK iTはその吸着力が故に、接着面のホコリや汚れも剥がした時に一緒にくっついてしまいます。汚れがある状態では接着力が低下してしまうため、連続して利用する場合は注意が必要です。

sticlit_water
Photo: 増田 隼也

しかし、それらの汚れは水洗いで簡単に除去が可能。流水の中で指をこするようにすればいつでも綺麗な接着面が復活します。お出かけ先でもトイレなどで簡単に手入れでき、使い捨てにしなくても大丈夫です。

いろんなところにくっつけられることができる便利なスマホマウント「STICK iT」。三脚のようにかさばらず、35gと超軽量なのでポケットにも軽く収納できます。自撮りや集合写真がさらに捗りますし、スマホをカーナビ代わりにしている方には自動車用としても活用できます。スマホマウントを探していた方は検討してみてはいかがでしょうか?

この「STICK iT」は、現在クラウドファンディングサイト「machi-ya(マチヤ)」にて、20%オフの4,380円(税込・送料込)からオーダー可能となっています。気になる方は下のリンクからチェックしてみてください。

>>「STICK iT(スティックイット)」の支援はこちらから

Source: machi-ya

Source: GIZMODO JAPAN

Most Popular

To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。