未分類

デカくて重い? プロ仕様の堅牢さと操作性を備えた「LUMIX S1/S1R」

レビュー
» 2019年02月16日 07時00分 公開

パナソニックが「CP+」を前に35mmフルサイズセンサー搭載機「LUMIX S1/S1R」を発表した。実機をレビューできるのはもうちょっと先になりそうなので、ここでは発表会で実際に触ってみたファーストインプレッションをどうぞ。

[荻窪圭,ITmedia]




存在感のあるがっしりしたボディのS1R。構えてくれたのは写真家の三井氏。

 「35mmフルサイズミラーレス一眼」が急に盛り上がったのは一眼レフの2大ブランドであるニコンとキヤノンがほぼ同時期に参入したから、ってのが大きいけれども、同時期に35mmフルサイズセンサー搭載機を開発発表したパナソニックも忘れてはならないわけで、それが「CP+」を前に国内で正式に発表されたのである。

 実機をレビューできるのはもうちょっと先になりそうなので、ここでは発表会で実際に触ってみたファーストインプレッションを。

Sシリーズの注目ポイント

 パナソニックのLUMIX S1とS1R。Rがついている方が高画素モデルでボディは同じだ。

 このシリーズの注目ポイントは二つある。

 一つめはライカの「Lマウント」を採用したこと。

 古いデジカメ好きなら知っているだろうが、パナソニックがデジタルカメラに本格参入を決めたとき、協力を求めたのがドイツのライカカメラ。2001年にはデジタルカメラに関する協業で両社が合意し、パナソニックからマイクロフォーサーズ用のライカブランドのレンズも出ているし、ライカカメラがパナソニックのデジタルカメラをOEMしてライカブランドで発売することもある(というか今もそういう製品がある)。もともとパートナーだったわけだ。


2001年に始まるライカカメラとの協業関係

 パナソニックがLマウントを採用したのも格段不思議ではないのである。すでに「ライカSL」で実績もレンズもあるのだ。

 驚いたのは、18年のLマウントアライアンスの発表にシグマが参加していたこと。これはでかい。

 だから、今回パナソニックが発売するレンズは3本だが、すでにライカが発売しているレンズ(高価だけど)、さらに3社が今後発売予定のレンズを入れると、20年度中には42本以上になる予定だ。シグマからはマウントコンバーターの発売も予定されており、使えるレンズは意外に多いのだ。


3社分合わせたレンズロードマップ

 二つめはS1とS1Rがプロ向けのハイエンド市場をターゲットにしたカメラであること。だから頑丈でミラーレス一眼としては大きくて重く価格もちょいと高めだ。

 そこが他の3社がミラーレス一眼ならではのコンパクトな製品を出しているのと対照的な点である。

 パナソニックとしては、小型軽量のミラーレスとしてすでにマイクロフォーサーズ機を持っている、本格的なカメラメーカーとなっていくにはプロカメラマンにも食い込みたい、という事情を考えれば小型軽量よりもタフで信頼性があり、高画質なカメラを目指したのはよく分かる。

確かに大きくて重いがファインダーや操作性はかなり高かった

 というのを念頭に置いてさっそく発表会場で触ってみたのである。

 ボディデザインは、同社の「G9 Pro」的だ。それぞれの写真を並べてみた。


マイクロフォーサーズのDC-G9

 S1/S1Rが搭載するセンサーは35mmフルサイズ。


S1Rを正面から。Lマウントの規格はマウント系が51.6mm、フランジバックは20mm。レンズを固定する爪は4つある。

 両者の違いは画素数で、上位機となるS1Rは4730万画素と画素数が多く、ISO感度も最高でISO51200(拡張感度)。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

レビュー
» 2019年02月16日 07時00分 公開

[荻窪圭,ITmedia]


 S1は2420万画素と画素数は少ないがISO感度は最高でISO204800(拡張感度)と感度は高い。

 どちらもローパスレスで約5.5段のボディ内5軸手ブレ補正を持つ。同社のマイクロフォーサーズ機と同様、手ブレ補正搭載のレンズと組み合わせれば、約6.5段の補正が可能になる。

 S1とS1Rの違いは動画性能にもある。どちらも4K/60pに対応しているが、HEVCフォーマットや、HLG方式のHDR動画への対応、有償アップグレードにはなるがV-logなどプロ向けの動画記録にも対応するのはS1だけだ。

 発表会では、S1Rは「究極の表現力を求めるプロ」、S1は「動画も静止画も撮るハイブリッドクリエーター」がターゲットになると発言された。


S1Rは究極の表現力を求めるプロ、S1はハイブリッドクリエーター向き

 実際に手にしてみると、確かにデカくて重い。ミラーボックスがない分、一眼レフほどずんぐり感はないがずしっとくる。

 質量はS1Rが約1016グラム、S1が約1017グラム。本体のみだと約898グラムと約899グラムとなる。

 ミラーレス一眼としてはかなり重いのが分かるかと思う。

 その代わり、防塵防滴耐衝撃耐低温(−10℃)で、シャッターの耐久回数も40万回という頑丈さだ。


とてもタフな仕様になっている

 どんな過酷な現場に持って行ってもきっちり仕事をしてくれそう感にあふれている。

 バッテリーもデカい。


ミラーレス一眼とは思えない大きなバッテリーを搭載

 撮影可能観数は約360枚から約400枚(使用する記録メディアやファインダーを使うか背面モニターを使うかという測定条件で変わる)とそれほど多くないが、省電力ファインダー撮影(背面モニターは使わず、必要な時だけEVFを点灯させる)に設定すると、公称で1100枚と格段に増える。このバッテリーのコントロールは重要難点だ。

 では実際に構えてみる。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

レビュー
» 2019年02月16日 07時00分 公開

[荻窪圭,ITmedia]


 ほど良い厚みと深さを持つグリップは構えたときの安定感があるし、ファインダーを覗くとこれがまた実にすばらしい。

 大きくて高精細で動きが滑らかなのだ。スペックを見ると約576万ドットのOLED(有機EL)で、フレームレートは120fps、最短表示タイムラグが0.005秒と非常に高い。発表会のハンズオンで触っただけではあるが、さすがプロ用をうたうだけのクオリティだ。

 ついでに背面モニターは3.2型で3軸のチルト式。富士フイルムの「X-T3」や「X-H1」と同じ方式で上下チルト+横方向のチルトとなっている。


上下チルト+横方向チルトで縦位置ローアングルにも対応

プロ向けというだけあって操作性はよさげ

 プロ仕様というだけあり、ボディはボタンやレバーだらけ。基本操作のほとんどがダイレクトに行えるし、ボタン配置も考えられているので一度覚えれば瞬時にセッティングできそうだ。


上面から。グリップは深くてうまく凹みがあり、構えたときにすごく安定する。情報を表示する液晶モニターも搭載



グリップ部。右手で操作できる範囲に重要な機能が集中している



左肩にはモードダイヤルとドライブモード



背面にはAF用のスティックやロータリーダイヤルも用意されている



フォーカス関連のボタンやレバーが右手親指に集中しているのもいい

 撮影性能としては連写は最高で秒9コマ。連写時のブラックアウトも少なく快適に連写できた。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

レビュー
» 2019年02月16日 07時00分 公開

[荻窪圭,ITmedia]


 AFは瞳AFのみならず「人体認識」と「動物認識」(鳥、イヌ科、ネコ科動物)に対応。動物の瞳AFは未対応だが、これは良い。


新たに動物認識機能が付いた



動物認識はオン/オフできる



被写体に追従して躍る姿をずっと追いかけてくれた

 メディアはデュアルスロットで、片方が従来通りのSDカード、もう片方はより高速なアクセスができるXQDカードに対応している。

 XQDカードは高いけど、アクセスや体感できるレベルで速いのでこのデュアルスロットは良い。


SDカードとXQDのデュアルスロットを採用

 と簡単なインプレッションを中心にお届けしてみた。画質や使い勝手、撮影機能の詳細は実機のレビュー時にってことで、乞うご期待である。

 実際に触って分かったのは、S1/S1Rは非常にターゲットがはっきりしたカメラであること。数を売ってシェアをとるカメラではなく、プロの映像作家やフォトグラファーに使ってもらいたいカメラだということだ。ちょっと触った限りではその可能性はあるかなと。グリップしやすいしファインダーも見やすいし、ボタン類の配置や使用感も悪くない、シャッターの感触もよい。非常にカメラらしいカメラなのは確かだ。

 それが分かってて触ると「デカくて重い」とはあまり感じない。

 ミラーレス一眼というと小型軽量というイメージが着いてしまったけど、一眼レフより「小さく軽く作れます」っていうだけで、それよりも頑丈さやバッテリーの持ちや使い勝手を重視して、このくらいのボディのカメラにするってのもありなわけだ。大きくて重くて頑丈なのは「一眼レフ」、小型軽量機動力重視が「ミラーレス一眼」という分類は、ミラーレス一眼がレンズ交換式カメラの主流になると意味をなさなくなるわけで、すでにそういう時代に入っていると思うと不思議はない。

 実際に借りて撮影するのが楽しみである。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Source: IT総合情報

Most Popular

To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。