未分類

仕事が終わらないなら無駄を排除せよ。生産性向上はそれからだ

仕事が終わらないなら無駄を排除せよ。生産性向上はそれからだ
Image: Shutterstock

解決する方法は、もっと長く働くことじゃない。つまらない用事を減らすことだ。生産性を上げるのではなく、無駄をなくすことだ。邪魔が減れば、ずっと抱えていた不安が消え、ストレスを減らすことができる。——ジェイソン・フリード、デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン

「やるべきことが全然終わらない!」という時は、効率的な方法を身につけるよりも、まずはムダをなくしてみませんか

このアドバイスは、世界的なソフトウェア開発会社であるベースキャンプの共同創業者による『NO HARD WORK!——無駄ゼロで結果を出すぼくらの働き方』からの引用です。

意識高い系とは正反対の“ゆる~い”ムードが漂うビジネス書で、読んでいる内に肩の力が抜けていくのがわかります。

大切なのは、疑問を持ち無駄をなくすこと

「仕事が終わらないのは、自分の能力が低いからだ。もっと新しい知識や技術を身につけ、生産性をアップしないといけない…!」

真面目で責任感の強い人ほど、こんなふうに自分を追い詰めてしまいがち。

でも、「そもそも、これ必要だっけ?」と疑問を持つことも大切です。

辛口コラムが人気のDJあおいさんも「自分を磨きすぎて、アプリを入れすぎのスマホみたいに動作が遅くなっていませんか?」と警告していました。

見栄や惰性で続けてきた不要な行為、探せばたくさんあるはず。

それらを思い切って削れば、色々うまくいくようになるかもしれませんよ。

あわせて読みたい

Image: Shutterstock

Source: ジェイソン・フリード、デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン(著)、久保美代子(訳)『NO HARD WORK!——無駄ゼロで結果を出すぼくらの働き方』(早川書房)

カフェグローブより転載(2019.02.12)

吉野潤子

Source: ライフハッカー

Most Popular

To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。