未分類

残り1日でキャンペーン終了!世界初の純チタン製カトラリー「Ensō Edition」

  • 2019.02.26 20:45
  • lifehacker
  • machi-ya
  • 春野ユリ
残り1日でキャンペーン終了!世界初の純チタン製カトラリー「Ensō Edition」
image: machi-ya

ライフハッカー[日本版]からの転載

「未来の贅沢な金属」と呼ばれるチタンは、その魅力的な特性が注目され、医療現場をはじめ、飛行機のエンジン、ドーム球場の屋根、橋梁など、多岐にわたる分野で活用されています。

昨年、クラウドファンディングサイトのmachi-ya(マチヤ)でも、純チタン製サーモボトル「Therma(サーマ)」が爆発的人気を博し、2800万円以上のオーダーを集めました。

その第二弾として登場したのが「Therma」と同じく医療現場で使用されているグレードの高純度チタンで作られたカトラリー「Ensō Edition(エンソー・エディション)」です。machi-yaでのキャンペーンも残り1日となりましたので、プロダクトの魅力をおさらいしておきましょう。

Video: YouTube

料理の味を純粋に楽しめる安全なカトラリー

DSC03667
image: machi-ya

毎日使っているカトラリーはどんな素材でしょうか。食べ物を口に運ぶごとにカトラリーの素材の金属原子が1000億個も口に入っています。ですから、カトラリーの素材も食事の一部になっていると言えます。原子構造が極めて安定している純チタン製カトラリーは無味無臭。金属臭も無く、料理の味を純粋に楽しめます。また、チタンはアレルギー反応が低く化学耐性が高いため、人体に極めて安全なカトラリーです。

超軽量で耐久性が高い

DSC03635
image: machi-ya

「Ensō Edition」のカトラリーは超軽量。重量を同サイズのステンレス製のものと比較すると半分ぐらいしかありません。手に取ると驚くほど軽量なので、食事中も楽々と自在に使いこなせますし、外出時に携帯するときも負担になりません。

さらに、「Ensō Edition」に使用している高純度チタンは、融点1668℃と耐熱性が高く、海水に4000年漬けても表面の海水浸透は1㎜未満と腐食しにくいため、破損や錆びとはほぼ無縁。一度買い揃えると一生ものになれるカトラリーです。

光沢が美しいハイエンドな仕上がり

1FA3DAB4-F1EA-11E8-9181-98BFCD8206F8-image-9d145c880c01460ab409f582ba1319d392f100217ca17b1bdd79d437e14bf6c0
「Ensō Edition」には美しい箸と箸置もあります。

image: machi-ya

一般的な金属より硬度が高いチタンは、加工が困難でした。しかし、「Ensō Edition」は、独自に開発したイオン注入法を駆使して、素材の強度をさらに高めると同時に、滑らかで光沢のあるハイエンドな仕上がりを実現しました。使いやすく美しいフォルムが日々の食事に高揚感を与えてくれそうです。

合わせ買い限定の「ソフトキャリングポーチ」と「ハードボックス」

headerimage
image: machi-ya

「Ensō Edition」のカトラリーと合わせ買い限定ナチュラルリネン素材の「ソフトキャリングポーチ」がオーダーできます。 外出先に「マイカトラリー」を携帯したいときなどに便利そう。

box
image: machi-ya

カトラリーを入れるダークバンブー製の「ハードボックス」は、エコフレンドリーでハイエンドな仕上がり。先にご紹介したソフトキャリングポーチが4個収納可能。 こちらも、「Ensō Edition」のカトラリーと合わせ買い限定でオーダーできます。

「Ensō Edition」のカトラリーは、ナイフ、フォーク、スプーン、ティースプーン、箸(箸置付き)の他に、ストロー(クリーニングブラシ付)もあります。

今なら、クラウドファンディングサイト「machi-ya(マチヤ)」にて、 純チタン製の使い捨てでないストローが40%オフの1400円(税込・送料別)からオーダー可能です。 キャンペーンも残すところあと1日。ここでご紹介しきれなかった魅力もたくさんあるので、商品の詳細を下のリンクからチェックしてみてください。

>>「Ensō Edition」のオーダーはこちらから

Source: machi-ya

Source: GIZMODO JAPAN

Most Popular

To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。