未分類

セカンドディスプレイ用に約3000円のモニターアームを購入

自宅では40インチと28インチのデュアルディスプレイを使っています。40インチは以前にモニターアームを付けていたのですが、28インチはスタンドのまま使っていました。

▲これは交換前。スタンドの状態です

しかし、Razer Blade Stealthの外部モニタとして使うときに高さが変えられないのは若干不便。ということで、こちらにもモニターアームを導入してました。

今回購入したのは、1homefurnitというところのガス圧式モニターアーム。評価が良くて安かったからというのが選定理由です。

昔はモニターアームと言えば1万円以上するのが普通でしたが、すっかり安くなりました。

B07BDJKZZ5

このアーム、ちょっと変わった機能として、スタンド部分にUSB 3.0のType-Aポートと、マイク、スピーカー用のジャックが付いています。

このため、本体からケーブルが伸びているのですが、取り外し式だと思っていたら固定されていました。 なので、壁にピッタリは付けられないので注意してください。

机への固定は、クランプかグロメットベースの取り付けかを選択可能。今回はクランプで固定しました。

取り付け・調整に必要な工具(六角レンチ2種とプラスドライバー)とねじは、すべて付属。ディスプレイに取り付けるためのネジもM4 x 4本とM5 x 4本が付いているのでどちらかが使えるはず。BenQのEL2780UはM4でした。

取り付けてしまった後なので見づらいですが、ガススプリングの調整は六角レンチで行います。耐荷重は6.5Kgまで。

そしてアームに交換した状態が下記。やっぱり高さが変えられるのはいいです。

ディスプレイを使わない時は壁面に寄せることもできます。

そして、40インチも壁に寄せれば、それなりに広いスペースが確保できます。これまで、小物撮影は机の端っこでやっていましたが、もう少し広く使えそうです。

これはスタンドが付いたままでも出来なくはないのですが、モニターアームのほうが動かすのは楽ですね。

というわけで、机上にスペースが必要な人は、モニターアームを使ってみるといいかもしれません。

Source: DREAM SEED

Most Popular

To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。