未分類

正しい「謝罪の受け入れ方」って大体こんな感じ

正しい「謝罪の受け入れ方」って大体こんな感じ
Image: Suzy Hazelwood/Pexels

心からの謝罪というのは難しいものです。自分が間違っていたと認めるには、内省や謙虚さが必要で、傷つくことにもなります。

しかし、謝罪を受け入れた人が寛容でない場合、すでに気まずい状況がさらに悪化することも多いです。

Redditorのu/shakakhonは、「r/LifeProHacks」に謝罪に対する最悪の反応について投稿していました。

誰かと言い争いになって、相手が非を認めたら、けなしたり、それ以上恥ずかしい思いをさせないようにしましょう。

でなければ、見当違いのプライドや体面を保ちたいという気持ちから、誤った思い込みを掘り下げることになりかねません。自分が間違った時にそれを認めるのには勇気が要るものなので、相手を見下さない方がいいです。

いつまでも勝ち誇るような態度はやめてください。誰かが非を認めたら、その瞬間に報われているのです。もちろん、言うは易く行うは難しです。

今回は、いつ、どのように謝罪を受け入れ、争いごとを健全に解決するかをお教えしましょう。

謝罪を本当に受け入れるかどうかを決める

言い争いや悪事の程度も様々です。謝られても完全には拭いきれないような悪事や無礼な行いもあります

同じことを何度も何度も長期間にわたって繰り返しても、その行いを悔い改めなかったのかもしれません。今回やったことがあまりにも酷すぎて、相手に対する気持ちが永久に変わってしまったのかもしれません。

謝罪自体がひどく、謝っている人が、自分の行動にまったく責任を取っていないのかもしれません。

謝罪を心から受け入れられないのであれば、怒りで腸が煮えくり返っている間は、謝罪を受け入れられるふりはしないでください

たとえば職場で起こったことなど、謝罪を拒否できない、拒否するのが難しい状況もあります。

しかし、私生活の場合は、心のこもっていない「ごめんなさい」を受け入れる義務はありません。

謝罪というのは、関係を修復するための一歩です。修復を望まない関係であれば、そのまま手放しましょう。

自分が無防備だと感じていることを理解する

謝罪する状況では、あなたが激昂していたり、相手が激昂していたり、大抵感情が高ぶっています。たとえ自分が正しくても、謝られる時に、自分が気まずく感じていることに気づくことがよくあります

これは、言い争っている間にどれほど自分がこのことを気にかけていたかを表しています。

感情的になっている時は無防備だと感じやすく、無防備だと感じることで、相手が仲直りしようと努力していることに対しても、さらに攻撃的になることがあります。

人間は「自分は正しい!」という独善的な強い感情に飲み込まれやすいものです。その立場を手放したくないのかもしれません。

誠実な謝罪に対して、自分がネガティブな反応をしていると気づいたら、無防備だと感じているからだと認めましょう。

このことで、自分が相手に対してまだ怒っているのか、それとも自分の気持ちが気がかりなだけのかがわかります。

時間をおく

何かに対して本当に怒っているのであれば、「大したことないよ!」と言って自分の感情を抑えこむと、後々その感情がまた湧き上がる可能性が高いです。

相手に謝られた後も時間が必要であれば、そのように言いましょう。たとえば「謝ってくれたことはうれしいけど、もう少し時間と距離をおきたい」と言っていいのです。

自分を落ち着かせてあげましょう。相手に後でメールか電話してもらうように言うのも有効だと思います。そうすれば、相手にまた連絡してもいいと知らせる必要がありません。

ただ相手からの連絡を受け、久しぶりと言うだけで済みます。一般的に、間違ったことを正そうと誠実に努力している人は、あなたの言うことを理解し、身を引くものです。

そうでない場合は、その人との関係を本当に修復したいのかという最初の疑問に戻りましょう

他にどのような言い方があるか

「お気持ちはわかりました」というのは、謝罪に対するとても丁寧な返答ですが、誰もが慣れている言い方でもあります。

「大丈夫だよ」というのもかなり一般的な(よりくだけた)返答ですが、これまでも言ってきたように、大丈夫ではない時もあります。

自分の気持ちに嘘をつかずに、相手の謝罪を受け入れたい時に、他にどのような言い方ができるかをいくつかあげてみます。

友だちや家族に対して使えるもの、職場などその他の場合に使えるものがあります。

  • 「そう言ってくれてありがとう。〜〜〜のことは頭にきたけど、わかってくれてうれしいよ。この件はこれで終わりにしよう」
  • 「謝ってくれてよかった。まだ腹は立ってるけど、いずれ落ち着くと思う」
  • 「わかった。誰にでも間違いはあるよね」

自分の非を一部認める

時には、片方だけが完全に悪いということもあります。

しかし、2人が言い争っている場合は、どちらとも相手にとって嫌なことをしていて、片方が少しだけ上回っているということの方が多いです。

言い争い全体を自分のせいにすることなく、自分が悪かったと思う行為の責任を取ることもできます。

そういう場合は「謝ってくれてありがとう。〜〜〜をやらないでいてくれたらよかったとは思うけど、自分も〜〜〜をしなければよかったと思ってる」というようなことを、謝っている人に伝えましょう。

あわせて読みたい

Image: Suzy Hazelwood/Pexels

Source: Reddit

Aimée Lutkin – Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

Source: ライフハッカー

Most Popular

To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。