スマホ・通信

穴あきスマホに6350mAhバッテリースマホもある新興メーカー「Ulefone」を知ろう!

440
なんとなく何かに似ているUlefoneのスマートフォン

 海外通販でよく見かけるメーカーの1つがUlefone。デザイン的にはちょっと微妙なものもありますが、MWC19 Barcelonaに出展するなどメーカーとしてはしっかり製品開発をしています。コスパ重視のモデルを中心に展開している同社ですが、2019年はどんな製品がでてくるのでしょうか? MWC19の同社ブースに展示してあった製品を紹介します。

6350mAhのデカバ搭載「Ulefone Power 6」

 一見すると普通のスマートフォンにしか見えない「Power 6」は6350mAhという巨大なバッテリーを搭載しています。ディスプレーは6.35型(2304×1080ドット)、CPUはMediaTek P35(オクタコア)でメモリー6GB、内蔵ストレージ128GBという構成。本体サイズは約75.5×158.7×10.1mmと、やはりデカバ搭載の分だけ重みがあります。

440
Ulefone Power 6

 背面には2100万画素と500万画素のデュアルカメラにフラッシュが並びますが、正方形に配置したこのデザインはどうみても「HUAWEI Mate 20」です。このデザインが中国では今トレンドなのでしょう。Android 9を搭載するなど最新モデルにふさわしい製品ですが、背面デザインにはもう一工夫ほしいところ。残念ながらこのクラスのメーカーはどうしてもデザインまで開発力が回らないのが実情かなと。

440
デュアルカメラとフラッシュを正方形に配置

Galaxyではない「S11」はトリプルカメラのデジカメスマホ

 「S11」はCPUにMediaTek MT6580搭載のミッドレンジ端末。「S」のロゴは大昔のGalaxyシリーズに類似していますし、いま話題の「Galaxy S10」シリーズの一歩先を行く、ということからこのS11という製品名にしたのでしょうか。ディスプレーは6.1型(1280×600ドット)、本体サイズは73×156×9.5mm。バッテリーは3500mAhで、LTEには対応せず3Gモデル。価格はかなり手ごろなものになりそうです。

440
S11という名前とロゴがGalaxyを意識しすぎているか

 ところがカメラはトリプル仕様。1300万画素+500万画素×2という、このクラスの製品にしては贅沢な仕上げ。しかし、フラッシュを合わせた4つの「丸」のデザインは完全にアウトですね。トワイライトカラーモデルも用意されるようで、今風の色とデザインをそのまま取り入れたってことですが、せめてカメラはひし形のように配置するなどオリジナリティーを追及してほしかった。

440
カメラ配置がさらにHUAWEI Mate 20と似ているS11
440
流行のトワイライトカラーも

パンチホールディスプレーを積極的に採用した「T3」

 CPUにMediaTek Helio P90、カメラは4800万画素というフラッグシップモデルが「T3」。メモリーも8GB、内蔵ストレージ256GBとパフォーマンスモデルにふさわしい仕様です。さらにディスプレーはパンチホールタイプを採用し、「全画面」化を実現しています。

440
ハイスペックで全画面ディスプレー採用の「T3」

 背面デザインはやっぱりファーウェイっぽいですが、特徴のあるHUAWEI Mate 20系よりはこちらのデザインのほうがまだ許される感じ。グラデーションカラーの仕上げもS11より美しく、本体の品質もこちらのほうが上のようです。やはりフラッグシップだけにかなり力を入れて開発しているのでしょう。

 新興メーカーが次々に出てくることは競争が激化して市場を活性化してくれるのですが、どうせやるならデザイン面でも勝負してほしいもの。HUAWEI Mate 20の例を見てわかるように、背面のデザインだってまだまだ新しいアイディアは生まれるはずです。Ulefoneのこれからに期待したいですね。

440
「フラッグシップ」と真に呼べる製品を期待したい

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

関連記事

Source: 週刊アスキー

Most Popular

To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。