スマホ・通信

スマホじゃないスマホを作るNUU Mobileの日本再上陸はあり得るのか!?

スマホのようでスマホじゃない
けどやっぱりスマホなNUU Mobileの端末

 今から約7年前、イーモバイルから不思議な端末が販売されたことを覚えている人はいるでしょうか? 製品名は「Pocket WiFi S」(S31HW)。つまりモバイルルーターですが、外観はどう見てもスマートフォンです。実はこれ、ファーウェイが海外ではIDEOSとして販売していたスマートフォンですが、日本ではスペックが低いことから「通話もできるWi-Fiルーター」として販売されたのです。

441
NUUが開発している「スマホじゃないスマホ」
Android
スマホだけど「ルーター」として売られたS31HW

 もちろんスマートフォンとして使うこともできます。メインで使うにはやや非力でしたが、ハイエンドモデルを持っている人ならセカンドマシンとして使え、しかもイーモバイルの安いデータ通信料金も利用できるという、一石二鳥な製品だったのです。価格が安かったことから一部で人気の製品になりました。

 このように「見た目はスマホだけどスマホじゃない」製品を、海外のNUU Mobileが開発しています。NUU Mobileの「i2」は4型クラスの小型ディスプレーを搭載したスマートフォン。しかし世界中でデータ通信可能なバーチャルSIMを内蔵しており、グローバル対応のモバイルルーターとして販売される予定です。

441
NUU Mobileのi2

 NUU Mobileは日本にも一瞬だけ上陸し、1機種だけスマートフォンを販売したことがありましたが、今は撤退しています。低価格スマートフォンを武器としていますが、キャリア販売が主流の国では、SIMフリー機はよほど安いか、特徴がなければ売れません。日本投入モデルは特色がなかったこともあり、数ヵ月で消えてしまいました。

MWCS 2016
日本で売られたこともあったNUU Mobile X4

 しかし、NUU Mobileにはスマートフォン以外の製品もあります。全世界で使えるグローバルモバイルルーター「Konnect i1」です。1日8ポンド定額(約1200円)、あるいは1GB12ポンド(約1750円)でどの国でも使えます。本体にはバーチャルSIMが内蔵されており、各国で最適な通信キャリアに接続します。

20160701mwcsim
世界各国で使えるSIM入りのKonnect i1

 NUU MobileはこのKonnect i1の機能をスマートフォンに内蔵し、世界中で使えるグローバルスマートフォン「X5」を計画したことがあります。日本でMAYA SYSTEMが販売している「jetfone」と同じような製品です。しかし、このX5は発売はされませんでした。

NUU X5
グローバルルーター機能を内蔵して販売される予定だったX5

 NUU Mobileのような低価格端末を得意とするメーカーはいまや世界各国にあるため、NUU Mobileのビジネスも厳しいかもしれません。ルーターは結局Konnect i1だけを出してスマートフォン事業に特化するのか、と思っていたのですが、2019年2月に開催されたMWC19 Barcelonaでスマートフォンタイプのi2を参考展示。再びスマートフォンタイプのグローバルモバイルルーターの販売に挑戦するようです。

441
電源を入れるとすぐにデータ通信管理画面となる

 スペックの詳細は不明ですが、ルーター利用がメインのためCPUはエントリークラスのもの、メモリーも少ないでしょう。それでもセカンドマシンとして使えるなら便利な存在になりそう。

441
本体はかなり厚いが、ルーター利用を考えられているため大容量バッテリーを搭載している

 ただし、NUU Mobileの説明員によると、製品化の時はAndroidのメニューは隠され、モバイルルーターとしてのみ使えるようにする予定とのこと。たしかにルーター用途ならそのほうが使いやすいでしょうが、このi2はSIMスロットを1つ持っており、自分で買ったプリペイドSIMなどを挿すこともできます。

441
専用メニューは使いやすいが、Androidも使いたい

 細かい設定などは直接Androidの設定画面を使ったほうが簡単にできます。i2がいつ発売になるかはわかりませんが、はたしてどのようなUIで出てくるのか気になるところ。またグローバルルーターなら日本でも十分売れるでしょうから、日本市場への再参入も希望したいものです。

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

関連記事

Source: 週刊アスキー

Most Popular

To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。