未分類

VRコントローラーに隠しメッセージが誤って混入。Oculusが謝罪

まもなく発売となるOculus Rift SとOclus Questについて、OculusのVR部門トップNate Mitchell氏が謝罪ツイートを行いました。これらの製品に付属するTouch Controllersのプロトタイプにのみ付けられるはずだったイースターエッグが、製品版にも紛れてしまい、そのまま数万個が製造されてしまったとのことです。

まだ販売されていませんが、どうやら回収はできず、そのまま市販されることになるようです。

とはいえ、そのイースターエッグ自体はコントローラーを分解しないと目にすることはできません。コントローラー内部のフレキシブルケーブル(?)に「This Space For Rent」「The Masons Were Here」という文字が入っているとのこと。ちなみに開発キットの一部には「Big Brother is Watching」「Hi iFixit! We See You!」というのも含まれているようです。

この程度、むしろ受け取った人が喜ぶのではとも思えますが、生産管理の面では大問題なのでしょう。なお、すでに生産プロセスの見直しが行われ、このようなことは二度と起こらないとしています。

iFixitには、ぜひとも「Hi iFixit! We See You!」 入りのものを分解して欲しいところです。

ともあれ、生産も順調なようですし、Oculsu Rift Sはそろそろ発売されそうですね。

(via The Verge)
(source Twitter)

Source: DREAM SEED

Most Popular

To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。