ハード

コスパ抜群Wear OSスマートウォッチ「TicWatch E2」レビュー!

TicWatch
2万円を切るハイコストパフォーマンスモデル「TicWatch E2」。直販価格1万8999円

ポリカーボネートながら高級な仕上げ

 「TicWatch E2」は、中国のスマートウォッチメーカーMobvoiのWear OS by Google搭載最新モデル。同社のスマートウォッチとしては、第2世代のラインアップのうちのひとつで直販価格1万8999円ともっとも低価格なモデルとなっている。

TicWatch
ベゼルにラインがあり塗装もチープさを感じない
TicWatch
ストラップ装着時で約55g

 本体サイズは幅約46.9×縦52.2×厚さ12.9mmで、ベゼルの素材にポリカーボネートを採用し、ストラップはシリコン製という構成により、ケースの重さは約35g。ベゼルはポリカーボネートとはいえ、つや消しのスチールのような仕上げになっているので高級感があり、手に持ったり装着すると見た目よりも軽く感じる。

TicWatch
ストラップは工具なしで取り外せる

 ストラップ幅は22mmでレバーで取り外し可能なので、交換時に特別な工具を必要としないタイプ。ベゼルには派手な装飾は施されておらず、ストラップとともにカラーはブラックで差し色などもないためシンプルなデザイン。カジュアルからビジネスまで違和感なく装着できる。ベルトループ(定革と遊革)が2つあり、ラグ側のループ(遊革)の内側にはベルト穴に留める突起がある。そのためバックルを通してストラップが邪魔にならないようキッチリと留められようになっている。

TicWatch
ベルトループの突起

関連記事

Source: 週刊アスキー

Most Popular

To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。