スマホ・通信

ファーウェイ「HUAWEI P30 Pro」はカメラスマホの頂点か

ハイエンドからコンパクトモデルまで
話題のスマホをアスキースマホ総研の3人がクロスレビュー

 アスキースマホ総研の3人(ドロイドさん、スピーディー末岡、南田所長)が2019年春の最新スマートフォンをクロスレビュー! 第1回はとんでもない4眼カメラを搭載した「HUAWEI P30 Pro」を海外モデルで紹介。日本発売を期待して待とう!

P30
「HUAWEI P30 Pro」(ファーウェイ)

 HUAWEI P30 Proのスペックは、SoCがハイエンドの「HUAWEI Kirin 980」(2×2.6GHz+2×1.92GHz+4×1.8GHz)、メモリーは6/8GB、内蔵ストレージは128/256/512GBをラインナップ、OSはAndroid 9を採用している。ディスプレーは縦長の6.47型(1080×2340ドット)有機EL、で両サイドが丸みを帯びた曲面デザインになっている。本体サイズは約73.4×158×8.41mm。重さは約192g。

 Leicaトリプルカメラに加え、距離を測定するTOFカメラも搭載し、最大50倍望遠、最大ISO409600というカメラ機能が突出したモデルだ。

 海外ではすでに発売中だが、GW明けにも日本でも発表されてもおかしくない? どういう形で販売されるのかにも注目だろう。価格は999ユーロ(約12万円)から。

カメラに関してはケチのつけどころナシ
スマホ総研リーダー ドロイドさん
評価:★★★★★

 海外版ということで、通信機能など全部の機能を使ったわけではないのだけれども、文句なしの最強スマホでは? 10倍ハイブリッドズームは極めて強力だし、超広角もそう、マクロやHDRに暗所撮影もそう。どんな観光地に旅行に行っても困らない、というか1度これを持ってしまうと、デジカメ・スマホを問わず、ほかのものでは不便に感じてしまいそう(でも、おそらく日本版ではシャッター音が鳴ってしまうのがね……いい雰囲気の観光地では使い物にならない!)。

 ただ、本機に限らずの各社フラグシップの共通要素だが、縦長方面の拡張はこのくらいが限界。横幅が抑えられても、縦がこれ以上長くなると、ポケットにも入りにくいし、単純に使いにくくなる。「これ以上の進化は無理だろう」と思いつつも、1年に2度のペースで新機軸を提示してきたファーウェイだが、この次はどうなるのか。今から「HUAWEI Mate 30 Pro」が楽しみ!?

P30

写真が下手な人はコレを使え!
主席研究員 スピーディー末岡
評価:★★★★☆

 もうこれ以上何を進化させるんだ? というくらいカメラが進化しまくったモデル。私はパリの発表会に参加したのだが、「これスマホの発表会だよね?」というくらいカメラ周りにしか触れなかった。それくらいファーウェイの自信作なのだ。確かにスペック自体はHUAWEI Mate 20 Proとほぼ同じ。その代わりカメラにステータスを全振りしている。とくにこれまでスマホカメラの弱点だった望遠を10倍、50倍など、高級コンデジ顔負けにしたことは大きい。簡単な取材ならコンデジすら必要ない。写真が苦手でも、プロのような仕上がりになる。

 カメラで残念な部分はホワイトバランスがあまり好みではないということ。夜景モードで撮影するとかなり白っぽくなってしまう。好みの問題かもしれないので、この色作りが好きという人もいるだろう。また、倍率のインターフェースが少々扱いづらいのもマイナス。価格は999ユーロからと強気だが、優秀なカメラと優秀なスマホが同時に手に入ると考えれば安いのかもしれない。

P30

コンデジキラーだがちょっと重い
研究員 ミナミダ
評価:★★★★☆

 言うまでもなく、最強のカメラ性能という点でチョイスするならこのスマホになる。10倍までのハイブリッドズームにより、風景撮影で画質を犠牲にせずに構図が選べるようになった。さらに、自分のような旅好きには20メガの超広角カメラが強力な武器になる。夜景にも強くAIの被写体認識も便利、2.5cmのマクロ撮影も可能とカメラに死角はない。

 当然ながらスペックも極上で、地味に便利なのは外部ストレージとしてMNカードに対応するのも◎(高価だが……)。HUAWEI Mate 20 Proに引き続き搭載する、iPhoneをワイヤレス充電できるワイヤレスリバースチャージなど「機能は全部入れた」感がある。手が小さい自分には両手操作がマストで、192gという重量もやや厳しくマイナス1点。

20190328huawei
標準オート、ズームナシで撮影
20190328huawei
50倍望遠で撮影
ファーウェイ「HUAWEI P30 Pro」の主なスペック
ディスプレー 6.47型有機EL
画面解像度 1080×2340ドット
サイズ 約73.4×158×8.41mm
重量 約192g
CPU HUAWEI Kirin 980(オクタコア)
メモリー 6/8GB
ストレージ 128/256/512GB
外部ストレージ HUAWEI NMカード
OS Android 9(+EMUI 9.1)
カメラ画素数 リア:40メガ(F1.6)+20メガ(F2.2)
+8メガ(F3.4)+ToF
/イン:32メガ(F2.0)
バッテリー容量 4200mAh
SIM nanoSIM×2
USB端子 Type-C

私たちがレビューしました!

総研
アスキースマホ総研リーダー ドロイドさん。スペックに載らない細かい話が好き
総研
主席研究員 スピーディー末岡。スペックの数値が大好きスペック厨
総研
新米研究員 ミナミダ。小型端末と肌色多めの美少女ゲームが大好物

■関連サイト

関連記事

Source: 週刊アスキー

Most Popular

To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。