未分類

Galaxy Foldで問題を起こしたのは残念、折り畳みディスプレイ開発は続行とサムスン


The Independentによれば、Samsung(サムスン)のモバイル事業のCEOであるDJ Koh(コー)氏はジャーナリストとの会見で、同社の最近のGalaxy Foldのハードウェア問題に触れ、「残念だった。十分な準備が整う前に出荷してしまった」と述べた。

この感想には誰も異存がないだろう。サムスンが何年も前から予告していた折り畳み式ディスプレイだが、我々も報じたとおり出荷は時期尚早だった。折り畳めるディスプレイはここ10年のモバイルデバイスで最大のイノベーションになるはずであり、サムスンは何がなんでも一番乗りしたかったらしい。一般販売前に配布した評価用のデバイスにはたちまち多数の故障が見つかり、サムスンは急ブレーキを踏むことを余儀なくされた。

当初サムスンは問題を一部のレビュアーのせいにしようとした。しかし不具合が広範囲に発生していることを知り、結局はディスプレイ自体に問題があったことを認めた。同社最初のフォルダブルスマートフォンが発売されるはずだった期日を過ぎて2カ月以上になるが、まだ出荷時期が発表されていない。もっともサムスンは近々はっきりした出荷時期を発表すると約束している。

サムスンは折り畳み式スマートフォンの出荷がキャンセルされたという噂を強く否定している。 コー氏もプレス・ミーティングで次のように述べた

我々は現在もGalaxy Foldの出荷準備を続けている。私がミスを犯したことは認めるが、折り畳みできるディスプレイは復活を目指している。現在2000台以上のデバイスがあらゆる条件でテストされている。われわれはすべての問題を検討している。一部の問題は部内の開発プロセスでは認識されていなかったが、多数のテスターのおかげではっきり知ることができた。

今回もコー氏はFoldの新しいリリース期日は明らかにしなかったが、情報によればGalaxy Noteの次世代バージョンはこの8月にリリースされるという。

原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook

Source: TECH CRUNCH

Most Popular

To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。