未分類

ゲーム「ラグが酷いみたいなので、ステージのほうを調整しておきますね〜 」

ゲーム「ラグが酷いみたいなので、ステージのほうを調整しておきますね〜 」
Image: ©KAIST

公平性が保たれる?

ゲームで私達を最も苛立たせる「ラグ(レイテンシ)」。この問題を解決すべく、研究者たちはゲーム自体が自動的に調整され、レイテンシが増加してゲームが難しくなってもプレーヤーに公平なチャンスが与えられる仕組みを研究しています。

KAIST(韓国科学技術院)とフィンランドのAalto大学による研究では、「Fortnite」や「Overwatch」のようなFPSゲームではなく、よりシンプルな「Flappy Bird」を利用しています。正確なタップで、土管の隙間に鳥をくぐらせるアレですね。

Video: Injung Lee/YouTube

研究ではFlappy Birdに人為的なラグを挿入し、どれくらいのラグがプレーヤーの成功率に影響を与えるのかを調査。また、ゲームプレイに影響するラグのレベルの予測に関するモデルを構築しました。そしてこれらの予測をベースとして、なんと土管のほうの長さを縮めて隙間を広げることで、プレーヤーの反応の低下を補い、プレーを成功させようとしたのです。この機能はチートのようにも思えますが、実際のゲームでもグラフィックスやフレームレートを調整することが多々ありますし、その一環と捉えることもできそうです。

なお、今回はシンプルなFlappy Birdでの実験でしたが、今どきの複雑な3Dゲームで同様の仕組みを導入するには、より多くの研究と開発者の尽力が必要でしょう。ますますストリーミングゲームが拡大しつつある現在では、ラグを克服するためのこのようなアプローチが役立つケースもあるのかもしれません。

Source: GIZMODO JAPAN

Most Popular

To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。